探偵はBARにいる3

探偵はBARにいる3

悲しくも激しい最後の事件が始まった

作家・東直己の「ススキノ探偵シリーズ」を大泉洋と松田龍平の共演で豪快に実写映画化した人気シリーズ「探偵はBARにいる」の第3作。札幌にあるアジア最北の歓楽街・ススキノは今日も華やかで多様な人が行きかっていた。そんな街の裏も表も知り尽くす探偵の男のもとに、相棒である高田が人探しの依頼を持ち込んでくる。失踪した女子大生・麗子について調査を開始した探偵たちは、モデル事務所の謎めいた美人オーナー、マリに翻弄されるうちに、いつしか大きな事件に巻き込まれていく。

原題:探偵はBARにいる3 / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年12月1日 / 上映時間:122分 / 製作会社:「探偵はBARにいる3」製作委員会 / 配給:東映 / 前作:『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点

【無料動画】

『探偵はBARにいる3』予告編

(C)2017「探偵はBARにいる3」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:吉田照幸(関連作品:『疾風ロンド』)
脚本:古沢良太
撮影:田中一成
音楽:池頼広

★【キャスト(キャラクター)】
大泉洋(探偵)、松田龍平(高田)、北川景子(岬マリ)、前田敦子(諏訪麗子)、鈴木砂羽(モンロー)、リリー・フランキー(北城仁也)、田口トモロヲ(松尾)、志尊淳(波留)、マギー(源)、安藤玉恵(峰子)、正名僕蔵(教頭先生)、篠井英介(フローラ)、松重豊(相田)、野間口徹(マネージャー)、坂田聡(椿秀雄)、土平ドンペイ(ブッチョ)、斎藤歩(工藤啓吉)、前原滉(原田誠)、天山広吉(北城の手下)、片桐竜次(桐原)、今村美乃(ヤンヤン)

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.7/5.04.02/5.003.7/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【インタビュー】
・大泉洋「そりゃね、北川さんが演じているから恐ろしく魅力的ですけど、実際にマリが探偵にやったことは無茶苦茶ですから、非常に危険な女ということになりますね。ただハニートラップを仕掛けて来て、探偵はそれにあっさり乗るんですけど、ハニートラップに憧れはありますね(笑)」
・北川景子「大人気のシリーズですし、大泉さんがこの作品にかける思いが大きなものだと思ったので、ヒロインの責任は重大だなと思っていました。4や5に繋げる架け橋として、お力添えできたのではないかなと手応えはバッチリあります」
・松田龍平「(本作は)改めて『探偵はBARにいる』シリーズが面白いと思わせてくれた作品。『4』が見たくなった。本当は『3』でやめようかなと思っていたんです。自分でもこんなに次がやりたいと感じる作品になるとは思ってなかったんです」
・前田敦子「(エンドクレジットの後にもお楽しみがある点について)私、それ見てないです。見るのを忘れました…」

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
あれよあれよと3作目。人気になってしまいましたね。東直己の「ススキノ探偵シリーズ」原作だが、今回は原作にはないオリジナルストーリー。なので新鮮に楽しめるもんです。ノリは同じだけど、新しいことをしている部分もある。とくにベタではありますが、勝てない強敵の存在や、商業施設での大きな山場など、派手さもアップ。もともと映画なんて想定していないから、これくらいのドラマチックな方が劇場化には合っている。キャラは変わらず愉快。
●映画FUN 
計画がちょっと杜撰でゴールに行くのにだいぶ迂回しまくりの遠回りした感は否めないが、ラストの切なさで全て許すという気持ちに。北海道が舞台なだけに俳優達を集結させるのに難しいのかもしれないが、北はまだまだ広いのだからもっと遊べる範囲は大きい。今作は北川景子のミラクル。途中で見せるかわいい笑顔、塀の中で流す美しすぎる涙、ミステリアスな存在感、それはもう劇中で男どもが振り回されるのもわかるじゃないか。あとオチは最後であります。