全員死刑

全員死刑

家族全員に死刑判決が下った実録犯罪映画

本物の不良少年たちを起用する大胆な撮影スタイルで驚かせた『孤高の遠吠』で注目された小林勇貴監督の商業映画デビュー作で、2004年に福岡県大牟田市で発生し、被告である家族4人全員に死刑判決が下った強盗殺人死体遺棄事件を映画化。死刑囚として獄中にいる次男の手記をベースにした「我が一家全員死刑」を原作に、未だその真相が解明されていない凶悪事件が描かれる。借金を抱えこみ、困窮した生活を送っていた4人の家族。近隣の資産家一家が脱税で蓄財していることを知った彼らは、資産家一家の金を強奪する計画を企てる。無謀な計画から1人が殺害されたことをきっかけに家族は暴走し始める。最終的に4人を殺害するまでエスカレートしていく。

原題:全員死刑 / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年11月18日 / 上映時間:98分 / 製作会社: / 配給:日活、東京テアトル

【無料動画】

「全員死刑」予告編

「全員死刑」予告編

(C)2017「全員死刑」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:小林勇貴(関連作品:『孤高の遠吠』)
脚本:小林勇貴、継田淳
撮影:鈴木啓造
音楽:中川孝

★【キャスト(キャラクター)】
間宮祥太朗(首塚タカノリ)、毎熊克哉(首塚サトシ)、六平直政(首塚テツジ)、入絵加奈子(首塚ナオミ)、清水葉月(カオリ)、落合モトキ(吉田カツユキ)、藤原季節(吉田ショウジ)、鳥居みゆき(パトラ)

★【インタビュー】
・小林勇貴監督「試写でも、間宮くんファンの女の子たちが、間宮くんカッコいい!とかだけじゃなくてちゃんと映画を観てくれて、いろいろ考えて感想をくれたことがすごくうれしかったですね」
・間宮祥太朗「破天荒に感じる方もいると思いますが、すごく純粋。映画を撮ることが楽しくて仕方がないという顔をしていて、監督に引っ張られたというか。映画の撮影って楽しいんだという雰囲気にあふれていました。この映画で初主演を飾ることができてよかった。小林勇貴監督という、一緒に面白い作品を作っていきたいと思える、歳の近い尊敬できる監督と出会えた。この作品は、僕にとって大事」
・間宮祥太朗「小林監督とご飯を食べながらいろんな話をして。この人となら映画を作れるぞと自信が持てたので、ご飯会が終わるときによろしくお願いしますと言いました。監督はすごく純粋! 映画を撮ることが楽しくて仕方がないという顔をしているんです」

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン(公式クラウド)
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
ノワールを基調としながらも、時にコメディー、時にホラーへと軽快にジャンルを横断していくというウルトラジャンプ作品で、この気持ちよさを快感に感じるならぜひがっつり挿入しちゃってください。原作を知らない観客にとっては、全てが監督による創作だと思ってしまう人もいるだろうが、結構オリジナルに忠実。あり得ないようなことも実際に起こってしまっている。全員が死刑になってもなんの哀愁もない、純然たるアホ悪というのはいるんだな。
●映画FUN 
フィクションだと流石にそれはありえないって話になるけど実話の上に成り立っていることが鑑賞後も信じられないというのが不思議。いや、そんな軽いものじゃないのだけど。浅はかすぎる若者の暴走と言えば、いろいろな名作が邦画にもあったけど、これはそのどれでもない魅力がある。不謹慎上等な構成も最高に馬鹿々々しい。最近人気の間宮祥太朗が、爽やかさゼロのDQN全開で、主人公のチンピラを熱演しており、俳優イメージを完全に捨てているのが笑える。