劇場版 はいからさんが通る 前編 紅緒、花の17歳

劇場版 はいからさんが通る 前編 紅緒、花の17歳

大和和紀の人気マンガ「はいからさんが通る」を前後編の劇場アニメ映画化

1975年に「週刊少女フレンド」で連載し、テレビアニメ、映画、ドラマ化もされ、コミックのシリーズ累計売上部数1200万部を超える大和和紀による人気マンガ「はいからさんが通る」を、前後編の劇場版アニメとして映画化。紅緒役の早見沙織が主題歌「夢の果てまで」を歌い上げる。大正時代。17歳の花村紅緒は、快活な性格だが、少しケンカっ早いところもあるじゃじゃ馬娘。親友の環とともに女学校に通い、愉快で明るい学園生活を謳歌していた。そんな紅緒が笑い上戸なイケメンの伊集院忍少尉と出会う。しかし、実は少尉が祖父母の時代から決められていた許婚であることを知り、恋も結婚相手も自分で選びたいと思っている紅緒は猛反発。望む愛のない結婚を阻止するため、紅緒はいろいろな騒動を巻き起こすが、少しずつ少尉に心を動かされていく。

原題:劇場版 はいからさんが通る 前編 紅緒、花の17歳 / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年11月11日 / 上映時間: / 製作会社: / 配給:ワーナー・ブラザース

【無料動画】

『劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~』予告編

(C)大和和紀・講談社/劇場版「はいからさんが通る」製作委員会


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼無料動画を見る方法▼

人気アニメの中でも昔から支持されているものは時代を超えても愛される力を持っています。そんな変わらない面白さを見せてくれるアニメ作品を観たいなら、動画配信サービスを効果的に利用してお得に観ましょう。このサービスは他にも多数のアニメ作品(映画、テレビを含む)を取り扱っているので、アニメ好きにはたまらないものです。まんべんなく利用することで、今の作品も昔の作品もしっかり見逃さずに鑑賞することができます。

しかも、利用者が最も喜ぶキャンペーンとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。あまりにも再生が頻繁に停止してイライラしたことはありませんか。動画を見ようと思ったらわけのわからない広告が表示されて不快に思ったことはありませんか。あげくに全然関係のない外国語のページに飛ばされたりしませんでしたか。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。

「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者にとって鑑賞したいと考えている作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「劇場版 はいからさんが通る 前編 紅緒、花の17歳」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

『劇場版 はいからさんが通る 前編 紅緒、花の17歳』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:古橋一浩(関連作品:『機動戦士ガンダムUC episode7「虹の彼方に」』)
脚本:古橋一浩
キャラクターデザイン:西位輝実
音楽:大島ミチル

★【キャスト(キャラクター)】
早見沙織(花村紅緒)、宮野真守(伊集院忍)、櫻井孝宏(青江冬星)、中井和哉(鬼島森吾)、梶裕貴(藤枝蘭丸)、瀬戸麻沙美(北小路環)、石塚運昇(花村少佐)、鈴木れい子(ばあや)、三宅健太(牛五郎)、伊藤静(吉次)、佐々木舞香、高松瞳、瀧脇笙古

★【インタビュー】
・梶裕貴「紅緒さんが可愛らしく、少尉が格好良かったです! 原作の時点で既に魅力的なキャラクターたちではありますが、早見さんと宮野さんのお芝居によって、より生き生きとフィルムの中で輝いているように感じました」
・宮野真守「原作を読んで、どうなるのか楽しみだったのが蘭丸です。梶くんの演技は最高でした! 蘭丸のインパクトがすごいです! 蘭丸と蘭子がとにかく可愛い!」

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
自分の棺桶に入れてほしい漫画ナンバーワン「はいからさんが通る」を無視するわけにはいかない。たとえそれが映画館であろうとも足を運ぶのは宿命だ。そしてこちらはファンサービスが満載だった。なんといってもアニメのOP曲である「はいからさんが通る」を挿入歌として流してくれたのに涙が止まらない。他にもたくさんある。よくありがちなヒロインは可愛くて儚い感じではなく、時代に立ち向かう独立心があるというのは時代を先取りしていましたね。
●映画フリー 
期待を裏切らず、胸キュンシーンの連続。だが、ラストには号泣。いいように振り回されている感じ。でも嫌じゃない。多少、駆け足感があったけど、原作を綺麗にまとめているので文句はほぼないです。主に酒乱部分がはしょられていて、紅緒さんが結構早めに少尉に惹かれていくことでラブロマ要素がモリモリな味付けでしょうか。早見沙織さんはコロコロ表情が変わって実はとっても乙女な紅緒にぴったり。本当にこの役に起用した人、ありがとうと言いたい。