マザー!

マザー!

ジェニファー・ローレンス主演、狂気のスリラー

原題:Mother!
製作:アメリカ(2017年)
日本公開日:2018年4月(DVDスルー)
上映時間:115分
製作会社:Paramount Pictures
配給:
製作費:3000万ドル
興行収入:

『ブラック・スワン』の鬼才ダーレン・アロノフスキー監督が、アカデミー主演女優賞を受賞経験もある若手実力派のジェニファー・ローレンスを主演に迎えて描くサイコミステリー。郊外の一軒家に暮らす一組の夫婦のもとに、ある夜、不審な訪問者が現れたことから、夫婦の穏やかな生活は一変。翌日以降も次々と謎の訪問者が現れるが、夫は招かれざる客たちを拒む素振りも見せず、受け入れていく。そんな夫の行動に妻は不安と恐怖を募らせていき、やがてエスカレートしていく訪問者たちの行動によって事件が相次ぐ。そんな中でも妊娠し、やがて出産して母親になった妻だったが、そんな彼女を想像もしない出来事が待ち受ける。

★【スタッフ】
監督:ダーレン・アロノフスキー(関連作品:『ノア 約束の舟』)
脚本:ダーレン・アロノフスキー
撮影:マシュー・リバティーク
音楽:ヨハン・ヨハンソン

★【キャスト】
ジェニファー・ローレンス、ハビエル・バルデム、エド・ハリス、ミシェル・ファイファー、ドーナル・グリーソン、クリステン・ウィグ、ブライアン・グリーソン

【無料動画】

mother! movie (2017) – official trailer – paramount pictures

mother! movie (2017) - official trailer - paramount pictures

(C)2017 Paramount Pictures. All rights reserved.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
6.7/10 69% 75
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
??/5.0 ???/5.00 3.4/5.0
coco映画 ぴあ映画生活   KINENOTE  
??% ??点 ??点
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【雑学(トリビア)】
・当初は2018年1月19日に日本公開が予定されていたが、パラマウント・ピクチャーズの意向で劇場公開が中止となった。

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2017年12月5日) 
妊娠中のジェニファー・ローレンスとハビエル・バルデムの夫婦が暮らす家に謎の来客が次々と訪れるワンシチュエーション型のホラー。この家がどんどん予想外の方向に狂気化していく様に、逆に笑ってしまうほどの衝撃を受けた。カオスという言葉がふさわしい気がする。最後はなんだこれ…で終わる。監督の宗教観なのかは知らないが、もうめちゃくちゃなセンスにただただ唖然。これは絶対にネタバレを見ずに映画を鑑賞した方がいいのは間違いない。
映画FUN (2018年2月12日) 
それはもう不条理で不愉快極まりない映画で、世間がこの作品に厳しい評価を出すのも頷ける。しかし、本作は鋭利に研ぎ澄まされた刃物のようにピンポイントで一部の人間だけに突き刺さる映画だろう。それは映画のストーリー自体が物語っている。普通の客人たちに「帰れ」と言っても何かと理由をつけて帰ろうとしない。そして次々と絶え間なく訪れる、招かれざる客たちの数が増えていくにつれラストは狂気を増していく。狂気を知る映画だった。
STREAMANGO (2018年2月15日) 
この映画を見るにはキリスト教に関するある程度の知識が必要です。全てはキリスト教についての皮肉です。ジェニファーは母なる大地、作家は神。家に訪れる人々は信者。聖書は全世界のベストセラーらしいので、そういうふうに考えてみたら理解できる部分が増えてくるのではないでしょうか。キリスト教は女性差別をしていた過去があります。キリスト教は最も戦争を起こす宗教とも言われており、宗教の偽善性を暴く作品にもなっているのです。