レザーフェイス 悪魔のいけにえ

レザーフェイス 悪魔のいけにえ

ホラー映画の金字塔「悪魔のいけにえ」の前日譚

原題:Leatherface
製作:アメリカ(2017年)
日本公開日:2018年5月12日
上映時間:90分
製作会社:Campbell Grobman Films
配給:
製作費:
興行収入:

1974年公開のトビー・フーパー監督による名作ホラー映画『悪魔のいけにえ』に登場し、恐怖のどん底に突き落とすレザーフェイスの過去を描いたスピンオフ・スリラー。女性の看護士を人質にして精神科の病院から抜け出した4人の若者たちの凶行とそれを追う法の番人ながら狂ったテキサス・レンジャーの追跡劇が展開され、ひとりの殺人鬼がしだいに形を成して生まれていく。

★【スタッフ】
監督:アレクサンドル・バスティロ、ジュリアン・モーリー
脚本:Seth M. Sherwood
撮影:Antoine Sanier
音楽:John Frizzell

★【キャスト】
ジェシカ・マドセン、サム・コールマン、ジェームズ・ブロア、サム・ストライク、スティーヴン・ドーフ、リリ・テイラー

【無料動画】

「レザーフェイス-悪魔のいけにえ」予告編

「レザーフェイス-悪魔のいけにえ」予告編

(C)2017 LF2 PRODUCTIONS ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
5.0/10 34% 40
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
??/5.0 ???/5.00 ??/5.0
coco映画 ぴあ映画生活   KINENOTE  
??% ??点 ??点
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

映画FUN (2018年1月20日) 
御存知「悪魔のいけにえ」のレザーフェイスがどの様に誕生したかを浅く描いたプリクエル作品。もうリメイクやリブートされ過ぎてどのバージョンの歴史が影響されているのかという感じだが、おそらく本作からオリジナルの作品展開をしていくのだろう。シリーズをずっと見てきたファンにしてみれば、どんな風になるのかと興味津々になるが、実際に見て思ったことは原点である「悪魔のいけにえ」はあれだけで完成されていたんだなということだった。
SPACEMOV (2018年1月21日) 
ロードムービーホラーという感じ。ゴア描写などはそこまで期待するものは無く、殺害事後の犠牲者を見せないのでホラーファンからしたら大変消化不良である描き方かもしれない。テキサス・チェーンソー・ムービーとは思わなければ良かったかもしれない。個人的には「悪魔のいけにえ」との関連性を宣伝などでも一切見せず、劇中に密かに薄っすらと存在を匂わせて、あとで実は関係ありましたと種明かしするくらいのノリがベターだったのにな。
STREAMIN (2018年1月22日) 
74年の傑作「悪魔のいけにえ」の正式オリジン・ストーリーだが、最近やった「テキサス・チェーンソー:レザーフェイス一家の逆襲」のタイムラインに含まれる流れにつながるのだと思います。でも、過去を描くという展開なため、オリジナル的な雰囲気はゼロに近く、全く別の作品として視聴するのがベストでしょう。監督は「屋敷女」の人で、そこまで大作を経験したわけでなく、これも自主製作レベルに近似したものですが、無難な一作でしょうか。