きみに読む物語

きみに読む物語

観るもの全てが愛に震えた

ニック・カサヴェテス監督がニコラス・スパークスの長編デビュー小説を映画化し、運命的な恋に落ちながらその関係を引き裂かれてしまった一組の男女の時を経た永遠の愛を描くラブ・ストーリー。365通の手紙。憶えているだろうか。きみはまだ、17歳だった。ある老人ホーム。過去を思い出せずにいる初老を迎えてはいるが、未だに美しさを失っていないアリーは夢想に浸っている。そんなアリーに「もう寝る。時間だよ」と優しく声をかける、デュークと名乗る一人の男。彼を見つめるアリーの目には、最愛の夫ノアが、デュークの姿と重なりあって写っている。デュークが彼女の横に置いてあるノートを手に取る。そこには二羽の鳥の絵と、美しい女性の写真が飾られている。「これは誰なの?」と問いかけるアリーに対して、「それはアリー、君だよ」と答えるデューク。「これは本当に私なの?」と問い続ける彼女を見つめながら、デュークはそのノートを開きやさしく読み始めるのだった。語られるのは、1940年代のアメリカ南部の小さな町の、きらめくような物語…。

原題:The Notebook / 製作:アメリカ(2004年) / 日本公開日:2005年2月5日 / 上映時間:123分 / 製作会社:Avery Pix / 配給:ギャガ

【無料動画】

きみに読む物語 / The Notebook - Trailer

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix
▼Gyao(登録必要なし)
▽過去に無料配信されました
Gyao

▼無料動画を見る方法▼

ドラマチックで感情を突き動かされるロマンスは、観たい人の多いジャンルです。そこで便利なのが動画配信サービスと呼ばれるもの。インターネット配信の映画作品を観るためのものですが、一般的な動画サイトと違って、配信作品は全部高画質で再生も安定しています。DVDなどと比べても遜色ないレベルであり、あとは通信環境の問題です。通信が不安定であれば、あらかじめダウンロードすることで通信量を気にすることなく、視聴することもできますし、非常に役に立ちます。しかも、お得な無料お試しキャンペーンのおかげで、設定されている期間内は無料で動画視聴を体験できます。タダで動画を見れるのですから、これいじょうのお得はありません。

では自分の見たい作品をぴったり配信している動画配信サービスはどれでしょうか。その疑問に答えるうえでこのページをぜひ参考にしてください。視聴可能な作品は日々変化していますが、このフリムビ2では映画ごとに配信しているVODを整理しており、情報も更新しているので、確認作業の面倒な手順を省けます。配信していないVODに登録してしまうリスクを減らせるでしょう。

『きみに読む物語』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ニック・カサヴェテス
脚本:ジャン・サルディ、ジェレミー・レヴェン
撮影:ロバート・フラッセ
音楽:アーロン・ジグマン

★【キャスト(キャラクター)】
ライアン・ゴズリング(ノア・カルフーン)、レイチェル・マクアダムス(アリー・ハミルトン)、ジーナ・ローランズ(認知症の女性患者)、ジェームズ・ガーナー(デューク)、ジョーン・アレン(アン)、ジェームズ・マースデン(ロン)、サム・シェパード(フランク)、ヘザー・ウォールクィスト、ケヴィン・コナリー、デヴィッド・ソーントン、ジェイミー・ブラウン、スターレッタ・デュポワ

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.9/1052%53
映画.comYahoo! 映画Filmarks
4.1/5.04.10/5.004.0/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
王道な愛の物語だけど、ひとつひとつの感情や経緯をきちんと丁寧に描かれていたからか、自分でもびっくりするくらい感動した。徐々にあらすじは分かってくるが、いきなりラストシーンでこれまでのドラマチックな人生が回想されてきて勝手に必要以上に世界に入ってしまったのかもしれない。これもまた、よくあるラブストーリー…とか思ってたけど、全然違った。なんでこれを観るのをためらっていたのだろうか。本当に自分が情けないと思う。
●映画フリー 
ライアンゴズリングの「喧嘩ばかりなのが僕らのペースじゃないか。うまくやっていく自信はないけど努力したい。君と一緒にいたいから」みたいなセリフに号泣すると同時にうんうんと頷く日々。人生ってこんな付き合い方でいいのですよと毎度思うのです。アリー演じるレイチェルが太陽みたいに元気で無邪気で惚れるし、出会いの結末がどうであれ、この時間は無駄じゃない。それぞれの物語を楽しめばいい。そんなことをまた連想しながら過ごす。
●OPENLOAD 
ラブロマンスの中で1番。たぶんベタな作品だと思って、スルーしている人も多いのではないか。それはもったいないです。絶対にもっと早く見ておけばと後悔します。レイチェルマクダウェルのはち切れんばかりの愛に溢れて生き生きとした演技が素晴らしく、画面に釘付けだった。久しぶりにもう一度見たらさらに感動してしまうし、これは本当に名作だった。ノアとアリーのキラキラの一夏の恋…そんな表現でいいのかはわからないが、愉悦でした。