南瓜とマヨネーズ

南瓜とマヨネーズ

女は過去の恋をひきずらない、なんてウソ

漫画家・魚喃キリコの代表作を『ローリング』の冨永昌敬監督、臼田あさ美主演で実写映画化。スタイルジャム、クロックワークス、S・D・P、TBSサービス、博報堂DYミュージック&ピクチャーズ、コンテンツ・ポテンシャル、スターキャットが製作。ミュージシャンを目指す恋人せいいちの夢を叶えるため、ツチダは内緒でキャバクラで働いていた。ツチダがキャバクラの客と愛人関係になり、生活費を稼ぐためにキャバクラ勤めをしていることを知ったせいいちは、仕事もせずにダラダラと過ごす日常から心を入れ替えてまじめに働き始める。そんな折、ツチダが今でも忘れることができないかつての恋人ハギオと偶然に再会。ツチダは過去にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくが…。

原題:南瓜とマヨネーズ / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年11月11日 / 上映時間:93分 / 製作会社:スタイルジャム / 配給:S・D・P

【無料動画】

『南瓜とマヨネーズ』予告編

(C)魚喃キリコ/祥伝社・2017「南瓜とマヨネーズ」製作委員会


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼無料動画を見る方法▼

人間の心に抱えた様々な感情をそのまま巧みなシナリオと役者の演技で体現して見せる映画たち。そんな作品に触れたいのであれば、人気も上昇中の動画配信サービスを利用しましょう。今ではレンタル店以上に盛り上がりのあるこのサービス。借りるためにわざわざ店に行く必要もなく、返すための時間を気にする必要もない。さらには見たいときにすぐに視聴できるなど、メリットも多く、ユーザーの満足度も高いサービスです。

しかも、利用者が最も喜ぶキャンペーンとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

新作であってもいずれはネット配信されることになればVODでも取り扱われる可能性が高いです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「南瓜とマヨネーズ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

『南瓜とマヨネーズ』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:冨永昌敬(関連作品:『ローリング』)
脚本:冨永昌敬
撮影:月永雄太
音楽:やくしまるえつこ

★【キャスト(キャラクター)】
臼田あさ美(ツチダ)、太賀(せいいち)、浅香航大(寺尾)、若葉竜也(田中)、大友律(川内)、清水くるみ(可奈子)、岡田サリオ(尚美)、光石研(安原)、オダギリジョー(ハギオ)

★【インタビュー】
・臼田あさ美「この作品の大事なメッセージでもあるのですが、私たちのこのありふれた平凡な日常は、実はとても壊れやすくて、失わないことは奇跡なんだって私は観たときに思えました。皆さんもどうか楽しんでください」
・太賀「せいいちはミュージシャンとしての夢をあきらめきれない、自分の感情が立ち止まってしまったキャラクター。それでもツチダが支えたくなるような、親しみ、愛嬌みたいな部分を意識して演じれば、ハギオのライバルになれるのかなと考えました」

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.5/5.03.33/5.003.7/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
身につまされる思いとはこのこと。「私、あなたのためにこんなに頑張ってるのよ」とか言っちゃう女はどこかで自問自答した方がいい。共依存の男女関係がゆっくり破綻してゆく様を描いたこの作品を観ることでその不安を映像化できるかもしれない。壊れていく関係性は修復不可能で、なぜなら最初から破城しているので、もう無理になっている。それに気づけば、案外楽になれるかもしれない。悲しい感情じゃなくてラブリーな気持ちで終われるので安心できるが。
●映画フリー 
愛というより支配じみた共依存で、それは人間の弱さの補い方としては定番。自分がどうしたいかではなく相手を囲うことで安心を得るという構図はどこにでもある。しかし、それを上から目線で批判したり、冷笑したりするのも違うと思う。だってこの映画を観ている人たちも創造物に依存しているじゃないか。だから別に頼ったり、一方的に寄せ合うのは普通のこと。問題なのはそこで可能な限り傷をつけ合うのを避けていくのがベターなのだということだ。