おじいちゃん、死んじゃったって。

おじいちゃん、死んじゃったって。

誰も泣かなかった。でも家族だった

祖父の葬儀をきっかけにそれぞれの事情を抱えた家族たちが久しぶりに顔を揃えて本当の家族として新しく踏み出していく、岸井ゆきの映画初主演作。監督はソフトバンクなどのCM演出を手がけ、本作が長編デビュー作となる森ガキ侑大。ある日、祖父の死を報せる電話を取った吉子。葬儀のため祖父の3人の子が久々に集まるが、吉子の父である清二をはじめ、清二の兄や妹、そしてその家族たちは祖父の死を悲しむ余裕もなく、淡々と目の前に迫っている葬儀の準備に追われる。そんな中、親族たち各々が抱える面倒な事情が浮き彫りとなり、ひょんなことからそれぞれが本音をさらけだしていく。吉子は親族たちのやりとりにあきれ返りながら、その流れに身を任せていたが…。

原題:おじいちゃん、死んじゃったって。 / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年11月4日 / 上映時間:104分 / 製作会社: / 配給:マグネタイズ、松竹メディア事業部

【無料動画】

映画『おじいちゃん、死んじゃったって。』予告

(C)2017「おじいちゃん、死んじゃったって。」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼無料動画を見る方法▼

人の生き様を見つめるような素朴なヒューマンドラマは感動させるだけでなく生きていくうえでの希望やちょっとした背中を押す勇気をもらえたりします。そんな作品に出会いたいときは、動画配信サービスを活用しましょう。ネット配信といっても、普通の動画サイトとは違って、画質が低かったり、再生が止まったり、環境に課題を抱えているものはありません。どれもクオリティの高い映像を届けてくれます。関連作も視聴するのが簡単です。

しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように無料お試しキャンペーンにトライできます。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴もできるならさっそく試してみたいと行動に出たいところです。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。「おじいちゃん、死んじゃったって。」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

『おじいちゃん、死んじゃったって。』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:森ガキ侑大
脚本:山崎佐保子
撮影:今村圭佑
音楽:戸波和義

★【キャスト(キャラクター)】
岸井ゆきの(春野吉子)、岩松了(春野昭夫)、美保純(野村ふみ江)、岡山天音(春野洋平)、水野美紀(薫)、光石研(春野清二)、小野花梨(野村千春)、赤間麻里子(春野京子)、池本啓太(春野清太)、大方斐紗子(ハル)、五歩一豊(功)、松澤匠(圭介)、堀文明、市オオミヤ、菅裕輔、玉置孝匡、柳英里紗、町山博彦、島袋聖南、板橋駿谷

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.4/5.03.22/5.003.7/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター
祖父が死んだことにより、集合する家族一同のいざこざや愛おしさを満載にしたコメディで、ハートフルな映画というのは予告動画でわかってもらえると思う。しかし、いざ観てみれば思った以上に心にハマる作品だった。よくある家族モノとしての邦画にありがちな古臭さはない。家族だから分かり合える共通の感情があるし、又その逆もある。だからおじいちゃんの死に対しても、反応は違ってくる。それでも家族なんてそんなものだ。その肯定が心地いい。
●BILIBILI  
それぞれの家族が久しぶりに介して見えてくる様々な事情はこの映画だけでなく、おそらく多くの人で理解できるものではないだろうか。ファミリーというのはみんな同じ考えを持っているわけじゃないし、むしろバラバラなことが多い。それでもまとまって暮らしたりすることに意味があったりするし、決して同じ趣味を持つサークルではないのだから、悩むことでもない。シナリオのクオリティも自然と高いし、今後が楽しみな監督であった。
●VIDEOEYNY  
セックスで始まる映画で、このタイトルというのが凄いインパクト。俳優陣がすごく好き。光石研の安定のダメ親父っぷりはもはや国宝級でステレオタイプなフォーマットとしては完璧だし、女子高生と岡山天音の気怠いけど切っても切れない兄弟感がスピンオフで見たいほどすっかりハマってしまった。ずっと見ていたいと観客に思わせた時点で勝ちだと思う。ダイナミックな興奮は訪れないが、不思議なエピローグのあの高まりは忘れられない。