一礼して、キス

一礼して、キス

胸キュン!弓道青春ストーリー

加賀やっこの同名人気コミックを、それぞれ映画初主演となる池田エライザと中尾暢樹の共演で実写映画化した、弓道に青春を捧げる高校生の甘酸っぱいラブ・ストーリー。中学からの6年間、弓道に青春を捧げてきた弓道部部長・岸本杏は、高校3年生で挑んだ夏の大会も満足のいく結果が出せないまま終わってしまう。後悔の残る終わり方に気持ちも沈む。一方、次期部長候補である後輩の三神曜太は、入部時から天才ぶりを発揮。それは明らかに対極的な結果だった。普段からほとんど練習もせずに大会でも優勝した三神に複雑な思いを抱く杏は引退し、部長を三神へ引き継ぐことを決める。しかし、そんな三神は、杏への一途な思いを募らせていた。

原題:一礼して、キス / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年11月11日 / 上映時間:99分 / 製作会社: / 配給:東急レクリエーション

【無料動画】

映画『一礼して、キス』予告

(C)2017 加賀やっこ・小学館/「一礼して、キス」制作委員会


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼無料動画を見る方法▼

青春時代はドキドキした関係性にときめくようなひと時を過ごしたかった…そんな思いを抱える人にとって、映画は妄想を叶えるためのツールです。そういうトキメキいっぱいの作品に巡り合いたいならば、動画配信サービスを利用しましょう。AndroidやiPhoneなどのスマホでも鑑賞できるので、家にテレビがなくてもOK。ハイクオリティな映像で、俳優たちのドキドキな仕草や姿をたっぷり拝めることができて、眼福の時間を過ごせます。

しかも、無料お試しキャンペーンというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。あまりにも再生が頻繁に停止してイライラしたことはありませんか。動画を見ようと思ったらわけのわからない広告が表示されて不快に思ったことはありませんか。あげくに全然関係のない外国語のページに飛ばされたりしませんでしたか。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。

新作であってもいずれはネット配信されることになればVODでも取り扱われる可能性が高いです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「一礼して、キス」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。レコメンドされているものの中に、これまで使ったことのないサービスが見つかれば、無料視聴はすぐそこ。映画ライフをお楽しみください。

『一礼して、キス』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:古澤健(関連作品:『恋と嘘』)
脚本:浅野晋康
撮影:清久素延
音楽:林祐介

★【キャスト(キャラクター)】
池田エライザ(岸本杏)、中尾暢樹(三神曜太)、松尾太陽(由木直潔)、鈴木勝大、前山剛久、萩原みのり、結木滉星、金森啓斗、奥仲麻琴、押田岳、牧田哲也、吉岡睦雄、佐藤友祐、眞島秀和

★【インタビュー】
・池田エライザ「フレッシュな男の子たちがたくさんいて、もう、寮母の気分でした。道場の上の畳で皆で丸になって寝ていて、おやすみなさいって思った」
・結木滉星「撮影が終わってから、共演した『超特急』の松尾太陽の家に、3人で泊まりに行きました。佐藤友祐と、おれと、暢樹。夜中の2、3時に『超特急』のライブDVDを見ていたり、生で歌ってくれたりした」

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
2.7/5.02.60/5.002.3/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●映画フリー
いきなりですみませんが、全く期待していなかったです。どうせベタでつまんないのでしょうと思っていたわけです。この映画には楽しみ方があると気づいてからはもうハマりました。つまり、ホラー的なツッコミで観ればいいんです。意味がわからない? 観てみてください。ラストの対決とかも、「こいつら一体何してんの!?」って感じで、普通なら真面目に見れば死にますが、そこはお前らバカじゃないかとやいやい言いまくっていればいいんです。
●VIDEOEYNY  
池田エライザをキャスティングしている時点でこれは彼女の宣伝ムービーだと思うのは正しい印象です。でもこの映画にはさらなる度肝を抜くびっくり要素があります。公式が偏愛ムービーと宣伝している通り、なかなか歪な恋愛観を持つイケメンが出てくるのですが、その関係性もまたトリッキーすぎる。あざといサービスカットが有ったり、明らかにエライザPVと化しているのに、さらにこってりな味付けなんてしてどうするのかという…。