彼女がその名を知らない鳥たち

沼田まほかるの人気小説を映画化

沼田まほかるの人気ミステリー小説を、蒼井優、阿部サダヲ、松坂桃李、村川絵梨、赤堀雅秋らの共演で映画化。下品で貧相、金も地位もない15歳上の男・陣治と暮らす十和子は、8年前に別れた黒崎のことをいまだに忘れられずにいた。陣治に激しい嫌悪の念を抱きながらも、陣治の稼ぎのみで働きもせずに毎日を送っていた十和子は、黒崎に似た面影を持つ妻子ある水島と関係を持つ。ある日、十和子は家に訪ねてきた刑事から、黒崎が行方不明であることを告げられる。「十和子が幸せならそれでいい」と、日に何度も十和子に電話をかけ、さらには彼女を尾行するなど、異様なまでの執着を見せる陣治。黒崎の失踪に陣治が関係しているのではないかとの疑いを持った十和子は、その危険が水島にまでおよぶ心配を抱き、戦慄する。

原題:彼女がその名を知らない鳥たち / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年10月28日 / 上映時間:123分 / 製作会社: / 配給:クロックワークス

【無料動画】

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』予告編

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』予告編

(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
AuVideo

▼無料動画を見る方法▼

心揺さぶるヒューマンドラマは私たちの人生観をときに大きく変える魅力を持っています。そんな映画を観るにはいろいろな方法がありますが、一番お得に鑑賞するのであれば、動画配信サービスがベストでしょう。スマホ、パソコン、テレビなどあらゆる媒体で視聴でき、再生環境も安定しています。加えて、動画のダウンロードで通信量を消費せずに安心して利用できるものもあります。また、無料お試しキャンペーンが用意されているので、タダで視聴して動画を楽しむことができるという非常にお得なツールでもあります。

では具体的にどの動画配信サービスで配信されているのか。その答えを見つけることを簡単にするために、このページでは配信中のVODを整理してまとめています。紹介しているVODの中から、できれば自分の利用したことがないものを選び、試してみましょう。無料動画を体感するチャンスとなるはずです。気に入らなければ退会は簡単にできるので安心してください。

『彼女がその名を知らない鳥たち』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:白石和彌(関連作品:『牝猫たち』)
脚本:浅野妙子
撮影:灰原隆裕
音楽:大間々昂

★【キャスト】
蒼井優、阿部サダヲ、松坂桃李、村川絵梨、赤堀雅秋、赤澤ムック、中嶋しゅう、竹野内豊

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
??/10 ??% ??
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
3.8/5.0 3.99/5.00 3.8/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【インタビュー】
・蒼井優「わたしはメンタルに支障がある女性の役をやらせていただくことが多いので、本当は清廉潔白ないい子の役もやってみたいのですが、十和子はいままで演じた女性の中でもいちばんどうかしちゃっている、いままでの人たちとは次元が違うヘビーな女性だったので挑戦したいと思いました」
・阿部サダヲ「僕も台本を最初に読んだときに騙されたので、そこは絶対にひっかけないといけないなと思っていました。いちばんわかりやすいのは、電車に後から飛び乗ってきた若い男をバンって外に弾き飛ばすシーンです。あの狂気的な表情は気を使いましたね」

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
人を愛すると言うことの定義が揺すぶられる、感情ブレイカーな作品。阿部サダヲの怪演に拍手し、身震いする素晴らしいドラマだった。どの人も利己的で、人間臭くて、でも決して嫌いにはなれないというのが本音。なぜならどの登場人物も、自分の中にいる「私」だからと思ってしまうので。ナルシシズムの果てにある絶対的な利他性。これだから人間にも希望はあるのだと思わせてくれるというのは救いになるのか、それ自体が逃避なのか、悩むのだ。
●映画FUN  
「十和子が幸せだったらそれでええんや」うん、そうなのだけど、それでいいのか。いや、人間に善悪なんて当てはめるのが無理だし、それを議論してもしょうがないのかもしれない。最初の不気味な執着が、最後に反転して一途の愛になる。それだけは変わらない、不変の想いの表れなのかも。中盤くらいまでアダルトシーンばかりでどうなるのかと思うでしょうが、絶対に最後まで見てほしい。そこに光と闇が一挙に襲ってくる面白さがあるのですから。
●BILIBILI 
前半と後半の阿部サダヲの使い方が秀逸。観客を惑わせる表現。あとは松坂桃李の百貨店社員の似合い具合とエロさ。もう性を体現する男優ナンバーワンになっている。阿部サダヲがメインですけど。徐々に不穏になっていき、それぞれのクズさが明らかになっていき、ぞわぞわしっぱなしの映画というのは初めてだった。最後の十和子のセリフに締め付けられ、優しい音楽のエンドロールが観客にあの男を思い出させてくれる。いいラストでした。