斉木楠雄のΨ難

斉木楠雄のΨ難

文化祭で地球滅亡の危機!?前代未聞コメディ

「週刊少年ジャンプ」連載でテレビアニメ化もされた奇妙奇天烈な人気漫画を実写映画化。とてつもない超能力を持っているが、その力を隠して目立たずに、誰にも干渉されない普通の生活を望む高校生の斉木楠雄。しかし、そんな楠雄の思いとは裏腹に、彼の周囲にはなぜか楠雄に思いを寄せる妄想美女・照橋心美や、超能力でも気配が読めない燃堂力など、変な奴らが問答無用で集まってくる。毎年恒例の文化祭も穏便にやり過ごそうする楠雄だったが、次から次へと災難が降りかかり、まさかの地球滅亡の危機にまで発展してしまう。この前代未聞の危機を乗り越えることはできるのか。そして、学校の、いや地球の運命はいかに…。

原題:斉木楠雄のΨ難 / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年10月21日 / 上映時間:97分 / 製作会社: / 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント、アスミック・エース

【無料動画】

映画『斉木楠雄のΨ難』予告編

(C)麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼無料動画を見る方法▼

むしゃくしゃしたときは馬鹿映画を観て爆笑することで気分をリフレッシュしましょう。そんなストレス解消にもなる作品をお得に鑑賞するなら、動画配信サービスを使ってみましょう。これはネット配信が多数揃っているサービスですが、検索機能が充実しており、出演俳優の関連作を立て続けに観るのもスムーズにいきます。配信自体はスマホでもパソコンでもテレビでも対応しているので安心して自分に合ったスタイルを選べます。

しかも、利用者にはハッピーなことに、無料お試しキャンペーンというお得なメリットがあります。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。あまりにも再生が頻繁に停止してイライラしたことはありませんか。動画を見ようと思ったらわけのわからない広告が表示されて不快に思ったことはありませんか。あげくに全然関係のない外国語のページに飛ばされたりしませんでしたか。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

新作であってもいずれはネット配信されることになればVODでも取り扱われる可能性が高いです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「斉木楠雄のΨ難」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。レコメンドされているものの中に、これまで使ったことのないサービスが見つかれば、無料視聴はすぐそこ。映画ライフをお楽しみください。

『斉木楠雄のΨ難』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:福田雄一(関連作品:『銀魂』)
脚本:福田雄一
撮影:工藤哲也、鈴木靖之
音楽:瀬川英史

★【キャスト】
山崎賢人、橋本環奈、新井浩文、吉沢亮、笠原秀幸、賀来賢人、ムロツヨシ、佐藤二朗、内田有紀

★【インタビュー】
・橋本環奈「実は『銀魂』の顔合わせのときに本作のお話をいただいたんです。福田監督から、“照橋心美はどうしてもカンカン(橋本の愛称)にお願いしたい”と言われたんですが、まだ『銀魂』の撮影も始まっていない時期。本当に予想外で驚きました」
・橋本環奈「起伏の激しい照橋さんの表情筋が崩れていくときも、“はい、目を開けて”とか、“はい、そこで口開けて”みたいなことをずっと指導されて。もう、毛穴という毛穴を開いて全力で立ち向かいました」

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.1/5.03.07/5.003.2/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
福田監督の原点を見た感じ。低予算でチープなCGが出てくる。シュールな笑いのオンパレード。涙もない! 感動もない! 何の内容もない! でも笑いはいっぱい! こんなに笑った映画は初めてです。お笑いのコントをずっと見ているかのような、感覚で、思いっきり笑えました。見終わった後の爽快感がたまらなかったです。心が元気になれて、Happyになれました! 原作も面白くって大好きですが、実写の破壊力はスゴかったです!
●映画フリー
美男美女の俳優さん達が全力で弾けた演技をしているのもツボでした。福田監督の脚本もさすがです! 橋本環奈の嫌な役であるはずなのに羞恥心を捨てている姿に感服。これが1000年に1度のコメディガールなのか。ムロツヨシがうざいキャラで出るのかと思いきや可愛い役で、うざいキャラは橋本環奈の方という完全に逆パターンになっているのも異常事態。基本的に気楽に観るものであり、そこまで頭を駆使して頑張って見る必要はないのでそのつもりで。
●VIDEOEYNY 
考えて観る作品ではありませんでした。考えたり突っ込んだら負け的な相変わらずのノリ。怒ったら負けのゲームをしているような煽り合戦です。どうなってんだ、この作品は!と声を上げるなら「やーい、やーい、顔を真っ赤にしてやんの!」と指をさされる。だから無視しましょう。視聴している間もにこやかに笑みを崩してはいけません。リラックス。無の境地。ハシカンは相変わらず狂っているほどキュートだな~という、海のように広い心で直視するのです。