我は神なり

「新感染 ファイナル・エクスプレス」監督が描く信仰を問う物語

ヨン・サンホ監督が2014年に発表した長編第2作で、信仰というデリケートな題材を取り上げて描いた社会派アニメーション。ダム建設のため水没することが決まった田舎の村に、粗暴な中年男ミンチョルが久々に帰ってきた。そして、村の一変に驚く。ミンチョルが不在の間、彼の妻子を含む村人たちは、新しくできた教会の若きカリスマ牧師ソンを崇めるようになっていた。それが村人たちの財産を狙う詐欺師ギョンソクの陰謀だと気付いたミンチョルは、阻止するべく立ち上がる。しかし村人も警察も、トラブルメーカーであるミンチョルの話にまったく耳を貸そうとせず、ミンチョルは「悪魔に憑かれた男」の烙印を押されてしまう。

原題:The Fake / 製作:韓国(2013年) / 日本公開日:2017年10月21日 / 上映時間:101分 / 製作会社: / 配給:ブロードウェイ

★【スタッフ】
監督:ヨン・サンホ
脚本:ヨン・サンホ
音楽:チャン・ヨンギュ

★【キャスト】
ヤン・イクチュン、クォン・ヘヒョ、オ・ジョンセ、パク・ヒボン

【無料動画】

「我は神なり」予告編

「我は神なり」予告編

©2013 NEXT ENTERTAINMENT WORLD INC. & Studio DADASHOW All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2017年10月26日) 
こんな社会的に重いシリアスな問題をアニメーションにした監督の才能と、それが商業映画として成り立つ韓国に感心する。そして、日本との違いになんだか辛くなってくる。TVアニメの劇場版ばかり公開している日本のアニメーションは、韓国にいつのまにか追い抜かれていくのではないかと不安になる。ファンタジーでも、アクションでもなく、青春ものでもない。そこがマネできない凄さというか、深みがあるのがとてつもなく圧倒されてしまった。
BILIBILI (2017年10月28日) 
この映画のアニメーションのモッサリ感とかクセの強さが苦手という人もいるはず。日本のアニメとは違いますからね。ストーリーは暴力と禍々しさがびっしりとこびり付いた韓国映画特有の味わいで、むしろ韓国の実写映画をふだんから見ている人ほど、受け入れやすいような気がする。仏教よりもキリスト教の信仰者が多いという韓国のお国柄を考えると、これは実に韓国らしい作品。それでも同じキリスト圏のアメリカでも絶対に生まれないのだった。
CRUNCHYROLL (2017年10月29日) 
同じく韓国映画でこちらは実写の「シークレットサンシャイン」に似ています。アニメだからと普段からアニメしか見ていない層が本作を鑑賞すると火傷します。信じる人間、信じたい人間、信じさせたい人間それぞれの心理をしっかりと物語の中で描写していて、こんな映画が作れる監督は恐ろしい才能だと思う。安易な宗教批判ではないのもこの作品の芯にある凄さ。韓国アニメーションの真髄を見た気がする。日本も頑張らないとこれはマズいなぁ~。