最初に父が殺された

ゴールデングローブ賞で外国語映画賞にノミネート

1970年代にカンボジア旧ポルポト政権下で起きた大量虐殺を、子どもたちの視点から描いた実話であるルオン・ウン著による原作「最初に父が殺された―飢餓と虐殺の恐怖を越えて」を基にした戦争ドラマ。ある日、一日にして温かい家庭生活を送っていた家を追い出され、あてもなく歩き回ることになった少女ルオン。そして、目にしたのは恐ろしい行為を日常的に繰り返す大人たちとそれに怯える大人たち。一変した社会でルオンは生きられるのか…。

原題:First They Killed My Father / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開日:2017年9月(Netflix配信) / 上映時間:136分 / 製作会社:Jolie Pas / 配給:

【無料動画】

アンジェリーナ・ジョリー監督作『最初に父が殺された』予告編

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

Netflixはオリジナル作品を多数配信していることは有名ですが、たいていはチープな低予算の小規模作だと思っていませんか? B級だと考えているならそれは大きな勘違いです。実は配信されているオリジナル作品の中には海外で評価も高く、賞に輝いている作品も多数存在するのです。それ自体はあまり目立たないので、見逃しがちですが、映画ファンでなくても、この存在を知らないのは損をしているといえるくらいです。

しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように無料お試しキャンペーンにトライできます。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。

不正な動画サイトは法的にも有用性の観点からも推奨しません。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。「最初に父が殺された」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。全ての紹介文を単一のものにして大量に質の低い情報を流すようなことはせず、フリムビ2では質の高い情報を掲載しています。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

『最初に父が殺された』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:アンジェリーナ・ジョリー(関連作品:『白い帽子の女』)
脚本:ルオン・ウン、アンジェリーナ・ジョリー
撮影:アンソニー・ドッド・マントル
音楽:マルコ・ベルトラミ

★【キャスト】
スレイ・モック・サリウム、ポーン・コンペーク、スウェン・ソチェアータ

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.2/1089%72
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.6/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地 
大量虐殺といえばナチスによるユダヤ人へのホロコーストばかりが有名ですが、世界には他にも凄惨なジェノサイドの歴史があります。そのひとつが、このクメール・ルージュと呼ばれるカンボジアの政治勢力武装組織による虐殺でしょう。その暗い史実を描いたのがこの作品で、しかも子どもの視点で描いているという特徴があります。その光景はあまりにも理不尽で暴虐そのもの。相手が子どもでも容赦なく、人殺しの道具にさせられていくのは辛いです。
●OPENLOAD  
アンジェリーナ・ジョリー監督作ではトップクラスにクオリティが高く、批評家による絶賛の多さも頷ける、歴史を克明に描いた一作でした。素晴らしいのは、著名な白人俳優を主軸に据えて微妙に一般受けしやすくしたハリウッド映画にありがちなものではなく、しっかり現地の人を起用したリアルな再現に全力を捧げていること。そのため確かにこういう映画慣れしていない人は驚くでしょうが、史実に対して誠実な一作になっているのは保証します。
●DAILYMOTION  
最初は一体何が起こっているのかチンプンカンプンなままに状況に流されるだけでしたが、しだいに明らかになる異様な状況に恐怖。そして、映画を観終わった後に調べた史実の歴史に戦慄。こんなことが現実に起こっていいのかと今でも信じられません。戦争映画はたくさん見てきましたが、これは虐殺の歴史を描くタイプなのでそこまでのドンパチもないのかと思ったら、最後にアレですから…。本人が脚本に関わっているだけあって生々しい映画でした。