Seventh Code セブンス・コード

黒沢清監督と前田敦子のタッグ作

黒沢清監督が前田敦子を主演に迎え、全編オール・ロシア・ロケて贈るミステリー・サスペンス。ロシア・ウラジオストクを舞台に、想像を超える結末が待ち受ける。元々は前田敦子4枚目のシングル「セブンスコード」のミュージック・ビデオとして制作された。東京で知り合った男・松永のことが忘れられず、ロシアのウラジオストクまでやってきた高山秋子。しかし、再会を果たした松永は秋子のことを覚えておらず、「外国では人を信じるな」とだけ言い残して姿を消す。松永の後を追おうとした秋子はマフィアに襲われ、荷物も所持金も何もかも全てを奪われてしまう。荒野に捨てられた秋子は何とかして街に戻り、日本人の斉藤が経営するレストランに職住を得て、再び松永を探し始める。そんなある日、店の前を松永が通り過ぎ、秋子はその後を追いかけるが…。

原題:Seventh Code セブンス・コード / 製作:日本(2013年) / 日本公開日:2014年1月11日 / 上映時間:60分 / 製作会社: / 配給:日活

【無料動画】

映画『Seventh Code セブンス・コード』予告編

(C)2013 AKS


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT

▼無料動画を見る方法▼

著名な監督と有名な俳優が組み合わさることで思わぬミラクルが生まれ、無二の魅力が作品に付与されることも珍しくありません。そんな作品が観ないと判断できないもので、そういうときは動画配信サービスを上手く活用しましょう。このサービスの良いところは、出演俳優の関連作を連続して視聴できる部分。俳優のこれまで抱いていたイメージをどんどん覆すような作品が観れて面白いものです。気になるなら試さない手はないでしょう。

しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように無料お試しキャンペーンにトライできます。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

不正な動画サイトは法的にも有用性の観点からも推奨しません。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「Seventh Code セブンス・コード」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。他の類似サイトと違って、フリムビ2では情報は適度に更新されていき、最新情報を得やすいのが特徴です。未体験のVODがピックアップされているときはラッキーです。無料動画というかたちで視聴するベストタイミングが来たといえます。

『Seventh Code セブンス・コード』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:黒沢清(関連作品:『リアル 完全なる首長竜の日』)
脚本:黒沢清
撮影:木村信也
音楽:林祐介

★【キャスト】
前田敦子、鈴木亮平、アイシー、山本浩司

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.2/5.02.82/5.003.0/5.0
フリムビ2独自ランキング
A

★【受賞】
第8回ローマ国際映画祭インターナショナル・コンペティション部門で最優秀監督賞と最優秀技術貢献賞を受賞。

★【感想・批評】

●映画フリー 
元はMVだそうですが、映画としてもそれなりには見れるしっかりした内容で、さすがは黒沢清監督作だなと思わされました。前田敦子は黒沢清との相性がいいことを痛感します。鈴木亮平のストーカー状態が妙に似合ってしまう前田敦子はさすがと言えばさすがの演技。やっぱりアイドルよりも役者の方が似合っていたのでしょう。しかし、前田敦子の食べっぷりが、半端じゃなかったですね、ガツガツ具合が何とも言えない変な感じで印象的でした。
●BILIBILI  
思えばここ数作における黒沢作品の男女のあり方は完全にひっくり返るように逆転してしまっている。90年代の黒沢映画においては、男性の主人公の力が明らかに絶対であり、女性はそれに従属する形で家庭にいることが多かったと思う。しかし、いつごろか、すっかりその立ち位置は変わった。これは世相の反映というよりは、黒沢作品の鋭い社会風刺も合わせて、必然の流れだったのだろう。これからも今作のような個性的な映画を作ってほしい。
●PARAVI 
前田敦子はポテンシャルの高い女優だとあらためて思い知らされた。「もらとりあむタマ子」的な、恥も外聞もない演技の気持ちよさがある。既に素晴らしい女優なのだが、一部では過小評価されているのは元アイドルだからだろうか。だとしたら、ふざけた話である。そんな偏見でしかないのなら、その人は映画を見る才能はない。映像はやはり黒沢清タッチとしか言いようがない出来で、PVという扱いにするのはもったいない企画であった。