ウィンド・リバー

ウィンド・リバー

カンヌが絶賛! 脚本家テイラー・シェリダンの監督作

『ボーダーライン』や『最後の追跡』の脚本家テイラー・シェリダンが監督したスリラー。ワイオミング州ウィンド・リバー保留地。FWS(アメリカ合衆国魚類野生生物局)の職員、コリー・ランバートは荒野のど真ん中で少女の死体を発見した。FBIは事件の捜査のために、新人捜査官のジェーン・バナーを現地に派遣した。自然の過酷さを甘く見ていたバナーは、捜査が上手くいかず苦労する。そこで、バナーはランバートに捜査への協力を依頼した。2人は荒れ狂う自然と剥き出しの暴力に直面しながらも、ネイティブ・アメリカンの村社会の闇を暴き出していく。

原題:Wind River / 製作:アメリカ(2017年) / 日本未公開:2018年7月27日 / 上映時間:111分 / 製作会社:Acacia Entertainment / 配給:KADOKAWA

★【スタッフ】
監督:テイラー・シェリダン
脚本:テイラー・シェリダン
撮影:ベン・リチャードソン
音楽:ニック・ケイヴ、ウォーレン・エリス

★【キャスト】
ジェレミー・レナー、エリザベス・オルセン、ギル・バーミンガム、ジョン・バーンサル、ジュリア・ジョーンズ、ケルシー・チャウ、グラハム・グリーン、マーティン・センスマイヤー、タイラー・ララッカ、ジェラルド・トカラ・クリフォード、ジェームズ・ジョーダン、エリック・ラング、イアン・ボーエン、ヒュー・ディロン、マシュー・デル・ネグロ、テオ・ブリオネス、タントゥー・カーディナル

【無料動画】

WIND RIVER – Official US Trailer

(C)2016 WIND RIVER PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVE


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評動画映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター(2017年11月30日) 
「ボーダーライン」や「最後の追跡」で小難しい映画ファンを黙らせた、恐るべき才能を見せる脚本家テイラー・シェリダンの監督作。この宣伝文句だけで映画ファンは絶対に見に行かなければならない使命感にかられる。相変わらず緊張感MAXなサスペンスが最高に上手い。ドラマから一瞬も目が離せず、緩んだ隙に一気に展開される強弱が巧み。やはりストーリーテリングの天才なのかと実感させられる。これはサスペンス好きには外せない一本だ。
●映画フリー (2018年2月26日) 
ハンターとして家畜を狙う熊や狼を殺す仕事をしている職業感と、ネイティブアメリカンの現状、アメリカの地方の現実。これらの要素が役に関わり、生まれる緊迫感と世界のひっ迫感がジリジリとした雰囲気を作り、思わず息をひそめて映画をみてしまう。テイラー・シェリダンはこういう分野を得意としていることもあって、これから絶対にアメリカ映画に名を刻んでいく才能として存在感を増し続けているのではないかと確信させる映画だった。
●SPACEMOV (2018年3月4日) 
歴史的な社会問題、様々な差別、そして、西部劇的なストーリー。「最後の追跡」の脚本家テイラー・シェリダンらしい作品でした。描かれるネイティブインディアンに対する構造的暴力と身体的暴力は日本人である我々には全く身近ではないにせよ、これがアメリカの裏にあるもうひとつの世界なのでしょう。雪と沈黙に覆われた環境が、語られるべき歴史を消しており、それがフッと表出する瞬間を切り取った素晴らしいサスペンスでした。