散歩する侵略者

散歩する侵略者

世界は終わるのかもしれない

黒沢清監督が、劇作家・前川知大率いる劇団イキウメの人気舞台を映画化。数日にわたって行方がわからなくなっていた夫・真治が、まるで別人のように優しくなって帰ってきたことに戸惑う妻・鳴海。それ以来、真治はどこか知らぬ場所へ毎日散歩に出かけるようになる。同じ頃、町で一家惨殺事件が発生し、不可解な現象が続発。明らかに通常ではありえないオカシイ状態が蔓延していくもののその原因はつかない。しかし、ジャーナリストの桜井は取材を進めていくうちに、ある事実に気づく。不穏な空気が町中を覆う中、鳴海は真治から「地球を侵略しに来た」という衝撃的な告白を受ける。

原題:散歩する侵略者 / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年9月9日 / 上映時間:129分 / 製作会社:WOWOW FILMS / 配給:松竹、日活

【無料動画】

映画『散歩する侵略者』予告

(C)2017「散歩する侵略者」製作委員会


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼無料動画を見る方法▼

一風変わったSFは謎めいた世界観といい、観客をどんどん引き込んで離しません。そんなハマるとコワイ作品を観たいのならば、動画配信サービスがオススメです。通勤や通学など移動中に見たいのならばスマホで鑑賞することができ、ダウンロード機能もあるものもあるので、事前にスマホ内にダウンロードしておけば通信量を気にすることなく視聴できます。家でテレビの大画面で鑑賞することも可能なので、あらゆる需要にこたえることができます。

しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように無料お試しキャンペーンにトライできます。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。あまりにも再生が頻繁に停止してイライラしたことはありませんか。動画を見ようと思ったらわけのわからない広告が表示されて不快に思ったことはありませんか。あげくに全然関係のない外国語のページに飛ばされたりしませんでしたか。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。「散歩する侵略者」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

『散歩する侵略者』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:黒沢清(関連作品:『ダゲレオタイプの女』)
脚本:田中幸子、黒沢清
撮影:芦澤明子
音楽:林祐介

★【キャスト】
長澤まさみ、松田龍平、高杉真宙、恒松祐里、長谷川博己、前田敦子、満島真之介、児嶋一哉、光石研、東出昌大、小泉今日子、笹野高史

★【インタビュー】
・長澤まさみ「毎回、撮影の前に口頭でそのシーンの動きを説明していただいて、その行動に自分で辻褄を合わせていく作業が面白かった」
・松田龍平「黒沢監督の現場では役割が明確になると思いました。自分が何をすべきかわかりながらもそれを窮屈に感じないというか」

★【雑学(トリビア)】
・映画のアナザーストーリーとなるテレビドラマ『予兆 散歩する侵略者』がWOWOWで放送された。

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.3/5.03.21/5.003.5/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン(公式クラウド)
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
「概念」を奪い取る宇宙人という発想の面白さ。これが映画を視覚的ではない内面的なユニークで引っ張っていき、観客さえもその抽象的なテーマ性に引きずり込む。地味だけれどひねりのある邦画のSFとして最高だし、何も侵略といっても常に物理とは限らないよねという視点は斬新ながらもリアリティがあるのではないか。いつかわたしたちも、概念のない空っぽの生き物になって、なにも考えず、なにも感じず、虚無を生きるのだろうか。
●映画FUN  
「何だこれ」とばかりに混濁して語られる映像にクラクラした。演出は相変わらず黒沢清という感じで好きな人は最高にハマってしまうあたりの恐ろしさ。序盤から急激に不安感を誘い、不気味さがコトの前触れを暗示し、物語がどんどん破滅的に陥っていく終末観を、わざとらしいVFXなど駆使せずとも空気だけで描いていく。こんな芸当、ハリウッドでもなかなかできない。それをやってのけるのだから邦画だってバカにできない。