機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦

シリーズ第5弾。ルウム会戦の真実が語られる

人気アニメ「機動戦士ガンダム」の原点を描く「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」シリーズの第5話。「機動戦士ガンダム」でキャラクターデザインやアニメーションディレクターを務めた安彦良和が、自身のコミカライズ漫画をアニメ化したもので、「機動戦士ガンダム」で描かれた一年戦争の幕開けとなるルウム戦役の真実が明らかになる。宇宙世紀0079年、世界の人口の半数を死に至らしめたコロニー落としを敢行したジオン公国軍と、劣勢を挽回しようと圧倒的な戦力で挑む地球連邦軍という情勢を背景に、ザビ家の陰謀や、運命に翻弄されるセイラ・マス、平和な生活に暗い影が忍び寄るアムロ・レイら様々な登場人物の行く末を語り、ジオン軍のエースパイロットとなったシャア・アズナブルの「赤い彗星」としての伝説も生まれる。

原題:機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦 / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年9月2日 / 上映時間:84分 / 製作会社: / 配給:松竹 / 前作:『機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜』 / 次作:『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星

★【スタッフ】
総監督:安彦良和
キャラクターデザイン:安彦良和、ことぶきつかさ
脚本:隅沢克之
撮影:葛山剛士
音楽:服部隆之

★【キャスト(キャラクター)】
池田秀一(シャア・アズナブル)、潘めぐみ(セイラ・マス)、浦山迅(デギン・ソド・ザビ)、銀河万丈(ギレン・ザビ)、三宅健太(ドズル・ザビ)、柿原徹也(ガルマ・ザビ)、喜山茂雄(ランバ・ラル)、沢城みゆき(クラウレ・ハモン)、北沢力(タチ・オハラ)、一条和矢(ガイア)、松田健一郎(オルテガ)、土屋トシヒデ(マッシュ)、古谷徹(アムロ・レイ)、古川登志夫(カイ・シデン)、中西英樹(ハヤト・コバヤシ)、新井里美(ハロ)、中博史(ヨハン・イブラヒム・レビル)、大川透(ティアンム)、茅野愛衣(ゼナ・ザビ)、巻島康一(テアボロ・マス)

【無料動画】


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●無料ホームシアター(2017年10月10日) 
前回までのあらすじが異様に長いことを除けば、おおむね楽しめた。この戦争が終わったら僕の故郷に行こう系のベタすぎるフラグがきっちり回収されるなど、明らかにファンご満悦なシーンやエピソードを盛り込みつつ、キャラを掘り下げていく。いわゆるプリクエルとしては「スターウォーズ」なんかが失敗しているのか成功しているのかよくわからない成果を出しているが、今作もそんな感じで微妙な空気のもと、語り継がれていく気がする。
●DAILYMOTION (2017年10月14日) 
「THE ORIGIN」の物語もいよいよ佳境に到達。今回はあのコロニー落としのエピソード。ようやくここまで来たかという実感が体を満たす。シャアとセイラ、アムロとカイ、ハヤト、ランバ・ラルとクラウレ・ハモンなどそれぞれが様々状況で繰り広げる群像劇にファンであれば大満足かは不明だが、感慨は感じるだろう。それにしてもここまで今になってこの作品と向き合うことになるとは。次は一体何かシリーズを考えているのか、気になるが…。