亜人(実写映画)

大ヒットコミックを佐藤健主演で映画化

2015~16年に劇場3部作とテレビシリーズ2期でアニメ化もされた桜井画門の大ヒットコミック「亜人」を本広克行監督によって実写映画化。2017年、東京。研修医の永井圭は、交通事故に遭い、確実に死亡したと思われたがなんとその直後に生き返る。そしてこれがきっかけで、絶対に死なない新人類「亜人」であることが発覚する。亜人研究施設に監禁されて非人道的な実験のモルモットにされた圭は、同じく亜人の男・佐藤によって救われるが、佐藤は国家転覆を狙い大量虐殺を繰り返すテロリストだった。同じ亜人として佐藤の思想に共感できない圭は、亜人と人類の壮絶な戦いに身を投じ、激突していく。

原題:亜人 / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年9月30日 / 上映時間:109分 / 製作会社: / 配給:東宝

【無料動画】
(C)2017映画「亜人」製作委員会 (C)桜井画門/講談社


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼無料動画を見る方法▼

人気作品を有名俳優勢揃いで映画化するとなると俄然興味が湧いてくるものですが、そんな作品を観てみたいなら、動画配信サービスを利用してみましょう。迫力のあるアクションであれば、大画面で観る方が映えるものです。このサービスでは、テレビでも対応しているので、豪華な映像を損なうことなく楽しむことができます。ネット配信だからといって画質が低いようなことはなく、じゅうぶんなクオリティになっているので、安心して鑑賞することができます。

しかも、利用者が最も喜ぶキャンペーンとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。

新作であってもいずれはネット配信されることになればVODでも取り扱われる可能性が高いです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「亜人」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。レコメンドされているものの中に、これまで使ったことのないサービスが見つかれば、無料視聴はすぐそこ。映画ライフをお楽しみください。

『亜人』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:本広克行(関連作品:『幕が上がる』)
脚本:瀬古浩司、山浦雅大
撮影:佐光朗
音楽:菅野祐悟

★【キャスト(キャラクター)】
佐藤健(永井圭)、玉山鉄二(戸崎優)、城田優(田中功次)、千葉雄大(奥山)、川栄李奈(下村泉)、山田裕貴(高橋)、浜辺美波(永井慧理子)、綾野剛(佐藤)、品川祐、吉行和子

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.7/5.04.00/5.003.7/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
原作は10巻くらいまでを消化しているのかな。他の数多のアクション漫画と違って今作の特徴は「死なない人間」同士の戦い。その特異な戦闘シーンはスピーディーで躊躇なく「リセット」を行うという連続で、いかにも漫画でしかできない表現です。それを映画化するとなると大丈夫かと心配になりますが、近年は邦画のアクションセンスがぐんぐんと上達しているのでそこは何も問題なし。一方で、役者も格闘では安定の佐藤健ですから完璧の布陣です。
●映画フリー 
どんな傷を負っても死ぬことがない新生物・亜人。ファンタジックなアクション・ムービーとなっています。「踊る大捜査線」シリーズ等の本広克行監督で、いろいろと心配になる人もいるでしょうが、今作は無難にまとまっています。邦画のアクションとして最高水準のアクション映画に仕上がっており、格闘戦、銃撃戦とバラエティが豊か。佐藤健の運動神経は言わずもがな。何より綾野剛のベストフィット具合。原作を飛び越えている活躍でした。
●BILIBILI 
迫力のアクションシーンが9割の映画になっており、何も考えずに楽しめます。戦闘スタイルは実にフリーダム。縦横無尽に駆け回り、同じ佐藤健出演の「るろうに剣心」シリーズのパワーアップ版のような感じです。普通にアクションが良い日本映画が当たり前のように観られるようになった今の時代に感激。細かい人間関係の話が端折られていて、イマイチ肝心のストーリーにはついていけない部分もありますが、そこは原作を読めってことですかね。