ユリゴコロ

人殺しの私を愛してくれた人がいた。吉高由里子が狂気を怪演

「このミステリーがすごい!」国内部門第5位など数々の高評価を受けた沼田まほかるの同名ミステリー小説を実写映画化し、「人間の死」を心の拠り所にして生きる悲しき殺人者の宿命と葛藤を、過去と現在を交錯させながら描いたドラマ。亮介は余命わずかな父の書斎で1冊のノートを見つける。「ユリゴコロ」と書かれたそのノートには、ある殺人者の記憶が綴られていた。その内容が事実か創作か、そして自分の家族とどんな関係があるのか、亮介は様々な疑念を抱きながらも強烈にそのノートに惹きつけられていく。

原題:ユリゴコロ / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年9月23日 / 上映時間: / 製作会社:ジャンゴフィルム / 配給:東映、日活

【無料動画】

映画『ユリゴコロ』予告編

(C)沼田まほかる/双葉社 (C)2017「ユリゴコロ」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼無料動画を見る方法▼

あのテレビでもおなじみの俳優の普段は見せない姿を見られるのも映画の醍醐味。そんな作品に触れたいのであれば、利用者も増えている動画配信サービスを活用しましょう。非常に簡単に動画を見られるこのサービスは公式なので安全安心。レンタル店よりも便利で、貸し借りの手間もなく、ネット環境さえあればその場で鑑賞できます。ダウンロード機能を備えたものもあるので、通信量制限を気にすることなく使用できるのも利点です。

しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたいキャンペーンもたいていは実施されています。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。あまりにも再生が頻繁に停止してイライラしたことはありませんか。動画を見ようと思ったらわけのわからない広告が表示されて不快に思ったことはありませんか。あげくに全然関係のない外国語のページに飛ばされたりしませんでしたか。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。

今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴もできるならさっそく試してみたいと行動に出たいところです。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者にとって鑑賞したいと考えている作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「ユリゴコロ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。他の類似サイトと違って、フリムビ2では情報は適度に更新されていき、最新情報を得やすいのが特徴です。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

『ユリゴコロ』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:熊澤尚人(関連作品:『心が叫びたがってるんだ。』)
脚本:熊澤尚人
撮影:今村圭佑
音楽:安川午朗

★【キャスト】
吉高由里子、松坂桃李、松山ケンイチ、佐津川愛美、清野菜名、清原果耶、木村多江

★【インタビュー】
・吉高由里子「(川の中に入るシーンは)機械で人工雪を降らせていたから、機械音がすごかったんです。その音のせいで声が録れないだろうから、きっと(あとで)アフレコだよね、何を言ってもわからないかもねなんて言いながらお芝居をやったりしました」
・松山ケンイチ「監督にも痩せてと言われていたので、極力食べないようにして。撮影中は現場でも食べなかったですね」

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.6/5.03.74/5.003.6/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●映画FUN 
主軸となる話は、松坂桃李演じる亮介の「現代」パートと吉高由里子演じる美紗子の「過去」パートの二部構成を「ユリゴコロ」と呼ばれるノートを通して交差していくように綴られるという構成。幼少時からサイコパスな美紗子は一目惚れしたミルク飲み人形をあろうことかあんな場所からミルクを差し込むというクレイジーさ。でもこれくらいの意味不明言動、幼い子なら誰でもする気がするけど、今作はかなり不気味な雰囲気が全開です。
●BILIBILI 
ユリゴコロのノートには幼女期から異質であった彼女の半生が淡々と綴られており、グロくないけど中々エグい描写の連続。吉高由里子の無垢な残酷性のようなオーラが素晴らしく作品にマッチしている。原作を2時間に収めるため上手くストーリーを変更していたのですが、やっぱり原作ファンは不満も多いでしょう。でも映画らしい映像による暗い空気の描写など、別の魅力もあるのでそこで良しとしましょう。俳優は頑張っていました。
●VIDEOEYNY 
性の描写も生々しければ、リストカットのシーンなんて迫力ありすぎて、ゾッとするどころか、オエっとする。その手の事に関して嫌悪感を示す人からすればトラウマモノであるのは確実なので、気を付けて。現に映画館で観てられなくて吐き気を催し何度か席を立ってしまいそうになるのを堪えていた人もいるらしいし。吉高由里子パートだけでも、見ごたえがって、まさにドラマでは不可能な映画らしい表現の挑戦にゾクゾクしました。