ナミヤ雑貨店の奇蹟

ナミヤ雑貨店の奇蹟

そこは過去と現在が繋がる不思議な雑貨店

東野圭吾の同名ベストセラー小説を実写映画化し、過去と現在が繋がる不思議な雑貨店を舞台に、現実に背を向けて生きてきた青年と悩み相談を請け負う雑貨店主の時空を超えた交流を描いたドラマ。2012年。養護施設出身の敦也は、幼なじみの翔太や幸平と悪事を働いて1軒の廃屋に逃げ込む。そこは、かつて町の人々から悩み相談を受けていた「ナミヤ雑貨店」だった。現在はもう廃業しているはずの店内で一夜を過ごすことに決める3人だったが、深夜、シャッターの郵便受けに何かが投げ込まれたことに気づく。それは1980年に書かれた悩み相談の手紙で、敦也たちは戸惑いながらも、当時の店主・浪矢雄治に代わって返事を書くことにする。やがて、この雑貨店と浪矢の意外な秘密が明らかになり…。

原題:ナミヤ雑貨店の奇蹟 / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年9月23日 / 上映時間:129分 / 製作会社: / 配給:KADOKAWA、松竹

【無料動画】

映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』予告編

(C)2017「ナミヤ雑貨店の奇蹟」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼無料動画を見る方法▼

荒んだ心を癒すヒューマンドラマで感動をしておくのはときには大事なことですが、そんな作品を観たいときは動画配信サービスが役に立つでしょう。さまざまなタイプの感動作が揃っています。ネット配信なので、視聴可能な媒体は千差万別。スマホ、テレビ、パソコンなどその時や場所に合わせた鑑賞ができるのも、このサービスだけ。関連作も多く検索しやすいので、立て続けに映画を観るなら、これ以上にベストな方法はないでしょう。

しかも、無料お試しキャンペーンというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。あまりにも再生が頻繁に停止してイライラしたことはありませんか。動画を見ようと思ったらわけのわからない広告が表示されて不快に思ったことはありませんか。あげくに全然関係のない外国語のページに飛ばされたりしませんでしたか。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者にとって鑑賞したいと考えている作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「ナミヤ雑貨店の奇蹟」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。レコメンドされているものの中に、これまで使ったことのないサービスが見つかれば、無料視聴はすぐそこ。映画ライフをお楽しみください。

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:廣木隆一(関連作品:『彼女の人生は間違いじゃない』)
脚本:斉藤ひろし
撮影:鍋島淳裕
音楽:Rayons

★【キャスト】
山田涼介、村上虹郎、寛一郎、成海璃子、門脇麦、林遣都、鈴木梨央、山下リオ、手塚とおる、PANTA、萩原聖人、小林薫

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.4/5.03.86/5.003.5/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
原作を考えると省かれている部分ももちろん多いが、映画という限られた時間のなかでうまく原作の世界観が収められていたので、原作ファンとしてもおおむね満足のクオリティでした。原作でも泣いたが、映画では音や役者さんの表情が加わり、涙が止まらなかった。「明るい未来を信じて生きていこう。真っ白で先が分からなくても、まだあなたの人生には可能性がある、諦めないで前に進んでいきなさい」この言葉はとても胸を打ちます。
●BILIBILI  
関係ないような登場人物がみんな繋がっていて、それぞれ人間の弱さやもどかしさ、強さが絡まり合い、一つの結論に向かう、そんな群像劇ストーリー。次元を越えたお悩み相談、それぞれのパーツをうまくまとめて、最後は、白紙の相談にも答える。このアイディアは非常に秀逸で、SF的な謎かけもあってユニークです。物語は原作に忠実なため所々ベタな展開もありますがそれでもキャスティング、脚本、音楽が上手くリンクして良質です。
●PARAVI 
エンドロールが終わっても涙を止めることができなかった映画は初めてだった。鑑賞前、初めて耳にした時から心に響きまくっていた楽曲「REBORN」が余計に感情を高ぶらせたのと、愛する人へのレクイエムだと思っていた歌詞が、物語とシンクロすることに気づいたからというのがその理由。登場人物が多く、彼らの過去や現在が織り交ぜられながら話が進むので少々頭の中を整理する作業が必要にはなるが、そこまで難解ではないので大丈夫。