スターシップ・トゥルーパーズ(1作目)

スターシップ・トゥルーパーズ

野郎ども、虫けらをなぎ倒せ!

未来の宇宙を舞台に、異星の昆虫型生物と若き兵士たちの死闘を描いたSF戦争アクション大作。とある未来のある年代。地球連邦政府の支配の下、一般民は市民権を得るためには軍隊に志願し、兵役につくことが必要とされていた。ブエノスアイレスのハイスクールを卒業したジョニー・リコは、宇宙海軍のパイロットを目指す恋人のカルメン・イバネス、俊才にしてエスパーのカールと共に軍を志願。最も苛酷な機動歩兵部隊に配属されたリコは鬼教官ズィム軍曹の下、彼に恋する同級生のディジーと猛訓練の日々を経て優れた兵士に成長する。そして、兵士たちは華々しく戦いに身を投じていく。

原題:Starship Troopers / 製作:アメリカ(1997年) / 日本公開日:1998年5月2日 / 上映時間:128分 / 製作会社: / 配給:ブエナ ビスタ インターナショナル ジャパン

【無料動画】


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼無料動画を見る方法▼

何も考えずにも盛り上がれるSFパニックは脳みそを使わなくても済むのでストレスフリーに楽しめます。そんな作品を満喫するなら動画配信サービスを活用しましょう。例え旧作であっても配信しているものはあります。レンタル店でDVDを借りるのとは違って、物理的なパッケージではないので劣化も汚れもなく、常に最新状態で楽しめます。さらに画質も悪いなんてことはなく、高画質で遜色ないクオリティを提供。サービスによっては超高画質を視聴できるものもあるので注目。

しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたいキャンペーンもたいていは実施されています。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。あまりにも再生が頻繁に停止してイライラしたことはありませんか。動画を見ようと思ったらわけのわからない広告が表示されて不快に思ったことはありませんか。あげくに全然関係のない外国語のページに飛ばされたりしませんでしたか。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴もできるならさっそく試してみたいと行動に出たいところです。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者にとって鑑賞したいと考えている作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「スターシップ・トゥルーパーズ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

『スターシップ・トゥルーパーズ』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ポール・バーホーベン(関連作品:『ショーガール』)
脚本:エドワード・ニューマイヤー
撮影:ヨスト・バカーノ
音楽:ベイジル・ポールドゥリス

★【キャスト】
キャスパー・バン・ディーン、ディナ・メイヤー、デニース・リチャーズ、ジェイク・ビューシイ、ニール・パトリック・ハリス、パトリック・マルドゥーン、クランシー・ブラウン

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.2/1063%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.7/5.03.92/5.003.7/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【受賞】
第70回アカデミー賞で視覚効果賞にノミネート。

★【感想・批評】

●映画フリー
昆虫宇宙起源説を描いた真面目なSF…ではありません。昆虫なんて皆殺しだ!という殺戮映画です。おそらく人間がもっとも殺しまくっている肉眼で視認できる生物は虫でしょう。だから、本作で誇張するように描かれていることは、私たちがふだんからハエやら蚊やらゴキブリをあらゆる手段で殺すのと同じこと。日常における生物の殺傷をあえて擬似化して描くとなんて恐ろしいのかという映画なのかもしれないと解釈してみてます。怖いな、人間って。
●OPENLOAD 
分かる人にはフムフムと分かる。分からない人にはなんだこのアホな映画はといつまでも分からない。ヴァーホーベン流SF戦争超大作がここに爆誕。戦争万歳な映画と思いきや、監督曰くこれはナチスのプロパガンダのパロディだとか。確かにキャラクターの言動は明らかにわざとらしいほど宣伝的セリフばかり。それを信じて戦場に向かった主人公が見るのは地獄。この真剣に馬鹿馬鹿しいものを作っていくセンスが本当に大好きで、何度も見たいです。
●STREAMANGO
露骨に胡散臭いプロパガンダのCMなど、絶妙に毒がトッピングされていると思えば、さらりと戦争負傷者の痛々しい姿も映しだされるのが皮肉の良さ。内容自体がグロやナンセンスだらけなので確実に人を選ぶのが問題だが、そんなことを気にする奴が最初からお呼びじゃない。娯楽作として楽しめる反戦映画だが、この戦争反対は積極臭くないのが最高のポイントであり、その魅力に気づけないのなら帰っていいだろう。続編は無視しましょうか。