トモダチゲーム 劇場版FINAL

ゲームはついにクライマックスへ

金か友情かの究極の選択を試されるゲームに巻き込まれていく高校生たちの姿を描いた人気コミックを、映画とドラマで実写化した「トモダチゲーム」シリーズの完結編。自分たちをトモダチゲームに巻き込んだ黒幕の正体が美笠であることを突き止めた友一だったが、危険なゲームを商売にしている運営サイドをつぶすために自ら進んで最終ゲームへとコマを進め、美笠もまた、友一と同じ道を選ぶ。最終ゲームは対戦形式の「友情かくれんぼ」で、敗北すれば背負った借金が倍になってしまうリスクの高いものだった。友一と美笠のチームには得体の知れない水瀬マリアが加わることになるが、友一と美笠は互いを信じて相手チームに罠を仕かけ、ゲームを進めていく。

原題:トモダチゲーム 劇場版FINAL / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年9月2日 / 上映時間:99分 / 製作会社: / 配給:キャンター / 前作:『トモダチゲーム 劇場版

【無料動画】

「トモダチゲーム 劇場版FINAL」劇場予告

©山口ミコト・佐藤友生/講談社  ©2017 「トモダチゲーム」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼無料動画を見る方法▼

スリルとドキドキの人間模様を楽しめる作品は数あれど舞台が身近だとさらに入り込めるものです。そんな作品をお探しなら動画配信サービスで見つけるのがいいです。利用者は増える一方の人気サービスですが、その割合は6人1にとも最近のアンケート調査では言われています。今ではレンタル店よりも身近になり、地域を問わず自由に鑑賞できるサービスとして需要を満たし、支持を集めてきました。貸し借り忘れのペナルティもないのも嬉しいです。

しかも、利用者が最も喜ぶキャンペーンとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。「トモダチゲーム 劇場版FINAL」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。レコメンドされているものの中に、これまで使ったことのないサービスが見つかれば、無料視聴はすぐそこ。映画ライフをお楽しみください。

『トモダチゲーム 劇場版FINAL』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:永江二朗
脚本:永江二朗、佐上佳嗣

★【キャスト】
吉沢亮、内田理央、山田裕貴、浦上晟周、シルクロード、財木琢磨、町山博彦、上松大輔、加藤明子、大倉士門、根本凪、上野優華

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.5/5.0???/5.003.3/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●映画FUN 
今、ブームしている俳優を投入し、ユーチューバーまでもが出演しているという超今向けな映画になっています。完全に前作ありきの続編作品なので、ついてこれる人を選んでいますが、それもじゅうぶんOKな範囲。進行のテンポ良さも出ており、前半はストレス無く見れました。ただ、後半の勢いは失速気味。これは次も続けるつもりで、出し惜しみしているのかと思いましたが、FINALとあるし、もうさすがに続けることは事前の企画にはないのかな。
●BILIBILI 
TVドラマにハマり漫画を全巻購入したほどの好みになっている作品ですが、当然映画もしっかり追いかけていきます。かなり原作に忠実で驚きました。この手のゲーム系生き残りサスペンスは好きなんですよね。定番すぎるという人もいますが、安定してハラハラさせてくれるので嬉しい。ドラマそのものがわざとらしかったり、時折飛び出る臭いセリフがあったり、うまく行き過ぎる展開がチラつきますが、そこは「細かいことは気にしない」精神で!
●PARAVI 
主人公の「思えば俺たち、暴力女、援交女、執着心の塊、人殺し…とんでもないトモダチだよなぁ」っていう言葉がこの作品の全てを表しています。トモダチって大切だけど、結構雑な付き合いだよねみたいな。それにしても吉沢亮の美しさは一体どの神様の造形物なのでしょうか。少なくとも私を作った神様は別物だったようです。不遇…。前作まで明かされてなかった謎が解かれてスッキリしたので、前作を見た人はとにかく視聴しておくべきですよ。