ザ・ブック・オブ・ヘンリー/The Book of Henry

コリン・トレヴォロウ監督が贈る天才少年の物語

シングルマザーと天才児によるクライム・サスペンス。聡明な少年ヘンリーは、母親のスーザンと弟のピーターと一緒に暮らしている。彼は近所に住むクリスティーナに恋心を抱いていたが、彼女は父親から虐待を受けていた。何とかしてクリスティーナを救いたいと思ったヘンリーは、そのための作戦を一冊の本に書いてまとめた。その本を見つけたスーザンとピーターはヘンリーが練った作戦を実行することにした。

原題:The Book of Henry / 製作:アメリカ(2017年) / 日本未公開: / 上映時間:105分 / 製作会社:Sidney Kimmel Entertainment / 配給: / 製作費:1000万ドル / 興行収入:

【無料動画】

THE BOOK OF HENRY – Official Trailer [HD] – In Theaters June 16

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

他の人があまり見たことがない作品を観てみたいときもあります。でもそんな映画は探すのだけで大変。そういう作品が意外に揃っているのが動画配信サービスです。これまで珍しい作品を探すときはレンタル店であてもなく出会いを期待するしかありませんでした。しかし、このサービスでは、意外なマイナーな作品や劇場では公開されなかった作品も揃っていることがあります。他にはない、滅多にない遭遇によって新しい体験ができるかもしれません。

しかも、利用者にはハッピーなことに、無料お試しキャンペーンというお得なメリットがあります。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者にとって鑑賞したいと考えている作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「The Book of Henry」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。全ての紹介文を単一のものにして大量に質の低い情報を流すようなことはせず、フリムビ2では質の高い情報を掲載しています。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

『The Book of Henry』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:コリン・トレヴォロウ(関連作品:『ジュラシック・ワールド』)
脚本:グレッグ・ハーウィッツ
撮影:ジョン・シュワルツマン
音楽:マイケル・ジアッチーノ

★【キャスト】
ナオミ・ワッツ、ジェイコブ・トレンブレイ、ジェイデン・リーベラ、ディーン・ノリス、マディー・ジーグラー、サラ・シルバーマン

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.6/1021%31
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.00??/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター
序盤の、兄のヘンリーと弟のピーターに対する母スーザンの態度の違いは一種のネグレクトなのかと推察してみたけど、話が少しずつ進むと親として自信のないスーザンが、子供ながらに優秀なヘンリーに依存していたことが理解できる。唐突に始まる近所の虐待親父の暗殺計画は、不条理な暴力と周囲の無関心さへの反発としてヘンリーの無垢な怒りが現れた過激すぎる願望だったのと同時に、母親を自立させるためのプログラムでもあったのではないか。
●映画FUN  
息子の遺言は、ガールフレンドの義父暗殺計画! ハートフルだけどクライムサスペンスなファミリードラマ! 天才子役の二人の演技が素晴らしく、中盤のシーンで泣いてしまった。アカデミー賞ノミネートで話題になった『ルーム』の子役、ジェイコブ・トレンブレイと。『ヴィンセントが教えてくれたこと』さらにリメイク版『イット』にも出演しているジェイデン・リーバーハー。この二人の演技を見るだけでも一見の価値ありです。
●OPENLOAD
あまり期待せずに見たらとても良かった! 前半と後半でガラリと勢いが違うし、親子、兄弟の関係にも泣かされてしまう。母親が少し破天荒なところもまた、息子という存在の裏返しなのだが、結局息子のおかげで自分自身が取り戻せた描写もGOOD。冷静に考えるとトンデモな話なんだけど、それを強引に押し通す手腕はお見事。それにしても、相変わらずジェイコブ君が可愛らしくて愛らしくて抱きしめたくなるほど。心が親になる~。