大日本帝国

日本の戦争の記憶を忘れない

日本軍の南方戦線を舞台に過酷な運命に翻弄される若者たちの姿を綴った、「第1部・シンガポールへの道」「第2部・愛は波濤をこえて」の二部構成からなる戦争巨編。昭和16年から20年にかけての南方戦線を軸に日本人にとって戦争とは何か、人々はどう生きたかを史実に基づいて描いた一大戦争巨編。五木ひろしの主題歌も話題となった。当時ABCD包囲網によって窮地に立たされた日本政府は、対立するアメリカとの和解を模索していたが、対米開戦を強く主張する陸軍を中心とした勢力に屈し、近衛内閣は総辞職した。そこで強硬派の急先鋒である陸軍大臣東條英機をあえて首相に任命した昭和天皇は、そのうえで対米開戦を回避するべく指示した。これに最初は応えていた東條首相だったが、いずれ国内の強硬派を抑えきれなくなると読んでいたアメリカは日本を挑発する。そしてついに、海軍による真珠湾攻撃を天皇は了承してしまい、太平洋戦争は開戦した。

原題:大日本帝国 / 製作:日本(1982年) / 日本公開日:1982年8月7日 / 上映時間:180分 / 製作会社:東映東京 / 配給:東映 / 製作費: / 興行収入:14億円

【無料動画】

大日本帝国(プレビュー)

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼無料動画を見る方法▼

過去を知ることは大切です。歴史を克明に描いた映画は知識になり、今の時代を生きるうえでも雑学以上の意味をもたらすかもしれません。そんな映画を見たいのであれば、動画配信サービスがオススメ。インターネット配信ではありますが、スマホで移動中に観るもよし、パソコンでじっくり見るも良し、テレビで迫力ある映像として観るもよし、あなたに合った視聴スタイルを選択できます。しかも、無料でお試しができるので、期間中はタダで作品動画を視聴するチャンス。

さっそく見たいところですが、動画配信サービスはたくさんあり、どのサービスで視聴できるのか判断が必要です。その確認の作業をサポートするうえでも、このページをぜひ参考にしてください。フリムビ2では視聴可能なVODを整理しており、情報も随時更新しています。レコメンドされているVODの中からお好きなものを選びましょう。

『大日本帝国』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:舛田利雄
脚本:笠原和夫
撮影:飯村雅彦
音楽:山本直純

★【キャスト】
三浦友和、あおい輝彦、関根恵子、篠田三郎、夏目雅子、佳那晃子、丹波哲郎、若山富三郎、西郷輝彦、仲谷昇

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.5/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●映画フリー
これほど日本人の魂を揺さぶる映画があっただろうか。戦争はなぜ起こったのか、その事実は歴史の教科書のように1ページ程度で語られるようなことではない。当然なのだが、しかし、実際の私たちは平和を叫ぶくせに戦争が起こった経緯をよく知っていません。この映画はそんな無知の私たち日本人に過酷な過去を突きつける作品です。だから見れば嫌な気持ちになるかもしれません。でも、これが歴史なのです。それを避けることはできません。
●BILIBILI 
この映画を監督した舛田利雄は「”大日本帝国”は保守系の人達からは左寄り映画と言われ、左翼系の人達からは右寄り映画と言われる」とコメントしています。なぜ双方から嫌われるのか。それはきっと自分の頭の中にある「都合のいい」歴史とは食い違っているからでしょう。「戦争の是非や歴史認識はともかく、戦争を指導した最高指導者の責任を明確に描く」というスタイルは舛田監督の戦争映画に共通しています。とにかく観てください。
●VIDEOEYNY 
第二次世界大戦下、日本が描かれるかなりストレートな反戦映画。石原莞爾や東条英機、昭和天皇も登場するけれど、それぞれの事情を描き、絵に描いた悪人として描かれるのはアメリカ兵のみという超日本人目線。真珠湾攻撃まで描写した大東亜戦争の最中に生きた日本人のドラマを180分に渡って丁寧に描いているので、純粋な歴史ものとしても興味深い。Wikipediaでいろいろ調べながら視聴するとか、下調べや事後学習もするとよいかもしれない。