エイリアン・クロール

エイリアン・クロール

奴からは逃げることはできない

謎のトンネルに生息するエイリアンと特殊部隊の対決を描いたSFバトルアクション。OVTウィルスという恐怖の存在が蔓延した地球。あらゆる文明社会は崩壊の道をたどり、人類の種の存続も危うかった。この地球上で感染から逃れたのは女性2人。そのうち一人は亡くなり、妊娠可能な人間は、この地球上に一人になってしまった。国は彼女を冷凍睡眠させ、女性隊員タンクをはじめとする特殊部隊たちと「第二の地球」とよばれる地域に宇宙船に乗せた。しかし、その船は不時着して謎のトンネルの入り口に辿りつく。ここが何処かも分からず、生き延びるためトンネルを進むが、隊員一人また一人謎の未確認生物に襲われていく。そして、遂に異形の存在が立ちはだかる…。

原題:Crawl or Die / 製作:アメリカ(2014年) / 日本公開日:2014年6月(DVDスルー) / 上映時間:86分 / 製作会社:Backyard Films / 配給:ビクターエンタテインメント

【無料動画】

CRAWL OR DIE TRAILER

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼無料動画を見る方法▼

異形の生物が襲ってくるモンスターパニックはスリルと恐怖を観客に提供してくれます。そんな興奮度MAXの作品を観たいのであれば、動画配信サービスがオススメです。利用者が急増中で、今ではすっかりレンタル店よりも当たり前に身近になったサービスですが、その支持の理由は、便利さ。貸し借りで外に出る必要もなく、品切れにモヤモヤすることもない。さらには自由な鑑賞スタイルで視聴できるという利便性は病みつきになります。

しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたいキャンペーンもたいていは実施されています。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。

不正な動画サイトは法的にも有用性の観点からも推奨しません。具体的な危険性としては、極端に悪意のあるかたちで表示される悪質な広告、頻繁に再生が停止したり低画質な動画が映る劣悪な動画提供、さらには個人情報を盗んだり再生機器に負荷をかけるようなユーザーへの直接的な攻撃が考えられます。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。「エイリアン・クロール」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

『エイリアン・クロール』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:オクラホマ・ウォード
脚本:オクラホマ・ウォード
撮影:グレイグ・シェルティエ、オクラホマ・ウォード

★【キャスト】
ニコール・アロンソ、トリイ・バーン、トミー・バル、ウィル・クラウン

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
4.2/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.00??/5.0
フリムビ2独自ランキング
D(珍作・迷作)

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地
クロール(這い回る)と言っているだけあって、本当に這いずり回っている作品でした。別に逃げる手段としてそういう行為をすること自体は何も問題ないです。ただひたすら這うとは思いもしませんでした。この手の映画では定番の強いヒロインが主人公なのに、まさかやらされることがこれだとは思わなかったでしょう。でもきっと体力はついたし、人間の移動におけるもっとも原始的な手段ですから、良いリスペクトになったのではないですか(強引)。
●SPACEMOV
皆さんは狭いパイプのような空間を這いずり回った経験はあるでしょうか。たぶんないですよね。でも大丈夫。この映画を見ることでその要素は人生分は体験できます。結果的にヒロインのお尻のアップばかりが映るという、喜んでいいのやら不明なカットがたくさんなのですが、それを目当てで観る人はあまりいないかもしれません。ちなみに敵となるエイリアンの方は、いてもいなくてもいいようなクリーチャーとしては不出来な奴ですので、気にせずに。
●海外コメント 
エイリアン安価模造作のひとつ。アクションといえば、この映画の最後の3分の2は、狭い地下のチューブやトンネルで使われています。1つはある種のプラスチックまたは金属で、もう1つは土です。ますます窮屈になる空間。基本的には一度に1インチしか動かすことができません。エンターテイメントはどこですかという疑問はなしです。私たちが目にしているのは、この鈍いビデオのように人が踏ん張っているかクロールしている映像集なのですから。