トキシック・シャーク/Toxic Shark

Toxic Shark

普通のサメでは満足できないあなたへ

『ZOOMBIE ズーンビ』のグレン・R・ミラー監督が助監督として参加している、酸を吹き出すサメが人を襲いまくるサメ・パニック・ムービー。普通のサメでも大変なのに、人々の前に現れたのはもっととんでもないサメだった。そのサメはなんと酸を吹き出す能力を持っていた。突然の恐怖のサメの出現に、人々は逃げ惑い、それでも襲われてしまう。対抗する術はあるのだろうか…。

原題:Toxic Shark / 製作:アメリカ(2017年) / 日本未公開: / 上映時間:87分 / 製作会社:MarVista Entertainment / 配給:

【無料動画】

Toxic Shark - Official Trailer - MarVista Entertainment

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

映画の海に君臨している驚異の生命、それがサメ映画のモンスターたち。根強いファンを獲得しているこのジャンルは数多の作品が無数に生み出されてきました。そんなシャークなムービーをいっぱい乱獲したいのならば、動画配信サービスの力を借りましょう。サメ映画はかなり扱われていることが多く、結構な数の作品が観れたりします。スマホでじっくりも良し、パソコンで個人的に観るも良し。大画面で視聴したいのであれば、テレビという選択肢もあり。

しかも、利用者が最も喜ぶキャンペーンとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴もできるならさっそく試してみたいと行動に出たいところです。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。「Toxic Shark」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

『Toxic Shark』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:Cole Sharpe
脚本:Ashley O'Neil

★【キャスト】
Kabby Borders、Christina Masterson、Michelle Cortés

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
3.5/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.00??/5.0
フリムビ2独自ランキング
D(珍作・迷作)

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地 
私は馬鹿なサメ映画がたまらなく大好きですが、そんな稀有な趣味をお持ちの同志の方に朗報があります。また、新しいアホなサメ映画が仲間に加わりました。もちろん、中身はだいたい同じです。フォーマットをなぞり、いつもの展開の連続。アメリカSyfyチャンネルのサメ映画特集でお披露目となったこの問題作は、安定のノリを全開にしつつ、ユニークな一点を見せることで、オリジナリティを出しているかのように見せる、相変わらずの手口です。
●映画フリー 
サメはそれだけでもじゅうぶん恐ろしいじゃないですか。とくに巨大なサメの迫力の怖さは「ジョーズ」でもよく伝わります。鋭い牙が並んだデカイ口をガバッと広げて海中から顔を出すシーンは、子どもでなくともトラウマを植え付けられます。でも、なぜなのか。人間はサメにさらに能力を追加したくてしょうがないのです。いや、そんな人間は珍しいかもしれませんが、そういうことを考える奴はいるのです。そして生まれたモンスターがこの映画です。
●SPACEMOV  
今まで放射能をまとったり、幽霊化したり、あらゆる七変化を遂げてきたサメ映画。ついに酸を吹き出すことも習得。正直、ネタ切れ感は否めませんが、もはやここまでくるとサメである必然性すらない気もしてきます。というか、水中で暮らす生き物が酸を出すって、大丈夫なのだろうか。でも、そんな細かいことはどうでもいいという製作者のノリが私たちのかすかな疑問を箒でサッサと片づけてしまうのです。トキシック・シャーク、名作ですね…。
●DAILYMOTION  
毒という要素は生物が持つ能力の中でも凶悪なスキルのひとつだが、普通、毒を保有する生き物は生態系における弱い存在であることが多い。強者から身を守るためには毒に頼るほかないのである。しかし、なぜかこの映画では、海洋生態系における最強クラスのサメが毒を持ってしまった。理不尽である。別になくてもじゅうぶん強いだろうと思うのだが、このサメは容赦ない。核兵器を手にした悪魔のように愉快に人間どもをオーバーキルしまくるのだった。