ダークタワー

ダークタワー

スティーブン・キングの代表作を映画化

ベストセラー作家スティーブン・キングが自らのライフワークと称した全7部構成の長編小説の一部を映画化したアクションファンタジー。荒廃した異次元の世界を舞台に、世界の調和を保つと云われる「ダーク・タワー(暗黒の塔)」を探し求め、流浪の旅を続けるガンスリンガーのローランド・デスチェインと、彼の宿敵である黒衣の男ウォルター・オディムとの戦いを描く。

原題:The Dark Tower / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開日:2018年1月27日 / 上映時間:95分 / 製作会社:Imagine Entertainment / 配給: / 製作費:6000万ドル / 興行収入:

【無料動画】

映画『ダークタワー』予告

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼無料動画を見る方法▼

現代社会とファンタジー世界を舞台にしたミックス・フィクションは、リアルと幻想の狭間で観客を虜にさせます。そんなミステリアスな映画を観るなら、動画配信サービスがオススメです。ネット配信を多数取り揃えているこのサービスは、スマホでもパソコンでもテレビでも自分の好きな媒体で視聴できるほか、ダウンロード機能を備えているものもあり、通信環境を気にせず鑑賞することも可能です。自分が一番落ち着く場所で自由に鑑賞できるので、ユーザーフレンドリーです。

しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように無料お試しキャンペーンにトライできます。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。

不正な動画サイトは法的にも有用性の観点からも推奨しません。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

新作であってもいずれはネット配信されることになればVODでも取り扱われる可能性が高いです。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。「ダークタワー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。他の類似サイトと違って、フリムビ2では情報は適度に更新されていき、最新情報を得やすいのが特徴です。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

『ダークタワー』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ニコライ・アーセル(関連作品:『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』)
脚本:アキバ・ゴールズマン、ジェフ・ピンクナー、アナス・トーマス・イェンセン、ニコライ・アーセル
撮影:ラスムス・ビデベック
音楽:トム・ホルケンボルフ

★【キャスト】
イドリス・エルバ、マシューマコノヒー、トム・テイラー、ジャッキー・アール・ヘイリー、デニス・ヘイスバート

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
5.7/1016%34
映画.comYahoo! 映画Filmarks
2.9/5.03.16/5.003.2/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
現実世界では変人扱いされて行き場の無い孤独な少年が、実はとてつもない力を秘めていて、異世界を行き来しながら世界を救う旅に出る…って、思いっきり厨二病。というかこれはラノベ的ですらある。スティーブン・キングも異世界系ラノベ主人公を描いていることに驚きですよ。あえてこの映画にないものといえば、ヒロイン不足ですよね。やたら強い銃をぶっぱなすオヤジと、やたら頭のオカシイ変な悪人はいるけど、華がないのが寂しいです。
●映画FUN  
壮大な冒険譚であるスティーヴン・キングの小説を再構築し、その世界感を保持したまま再現している…という前宣伝だが実際はかなり原作をアレンジしている部分も多々あって。スティーブン・キング原作だけど、原作自体が非ホラーでファンタジーという特殊な立ち位置もあって、最初はつかみどころがないと思う。これから面白そうなときに映画は終わるので、早く続きが見たい。正直、ここで終わるのは惜しいので、続編企画に乗り出すべきだ。
●STREAMIN  
黒衣の男を演じたマシュー・マコノヒーはいつもどおり似合いすぎ。ガンスリンガーのローランドを黒人のイドリス・エルバに変えたのは今流行りのダイバーシティやらか、それとも対比させるためか。どちらにせよキャラとして独自の魅力になっているので良いかもしれない。哀愁漂う孤高の戦士の雰囲気がぴったりだし。賛否両論あるかと思いますが、ジャンルがはっきりしない世界観を構築していて、これはこれで面白かったのが第一印象でした。