禁じられた二人

禁じられた二人

初恋同士のカップルに待っていたのは…

初々しい男女のロマンスをスリルたっぷりに描くドラマ。初恋同士のカップル、ラウラとカルロスを待っていたのは、ほろ苦く、うつろいやすい恋の事実。夢に見ていたロマンスと現実とのギャップに、若者たちは翻弄される。

原題:Amar / 製作:スペイン(2017年) / 日本公開日:2017年7月(Netflix配信) / 上映時間:103分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

禁じられた二人(字幕版)

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼無料動画を見る方法▼

最近は映画はまず映画館で公開されるものという考えは常識ではなくなってきています。動画配信サービスで先行的に、もしくは独占的に公開されることも珍しくありません。映画館であればタダで見るのは難しいですが、VODはタダで視聴できるチャンスがあるのでこちらのほうが観客にとってはお得かもしれません。例えば、無料のお試しキャンペーンを活用して、設定された期間内であれば、無料で作品動画を視聴できます。旧作でも新作でも扱っていれば、全部は無理ですが、見たいものを選べば問題なく、ゼロ・ウォッチができるでしょう。

では自分の見たい作品を配信している動画配信サービスはどれなのか。本来であればひとつひとつ確認していくという手間のかかる作業が必要になるのですが、このページでは配信中のVODを一覧化して整理しているので、その作業を短く済ますことができます。もしそのレコメンドされているVODの中に、自分の利用していないサービスがあれば、ベストタイミングなチャンスとなります。今すぐ無料動画にアクセスしましょう。

『禁じられた二人』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:エステバン・クレスポ
脚本:エステバン・クレスポ
音楽:Adolfo Núñez

★【キャスト】
エステバン・クレスポ、グスタボ・サルメロン、グレタ・フェルナンデス、セルソ・ブガーリョ、ソニア・アルマルチャ、ナタリア・テナ

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
5.3/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.002.6/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●映画フリー
18歳のカルロスと17歳のラウラ。激しく恋に落ち二人が世界の全てになる。周りが反対すればするほど二人の愛は燃え上がり駆け落ちする。愛し合う二人、恋に溺れて幻想を描き、二人の世界は加速していく。二人のきらびやかな世界とは対照的な母と元夫の体の関係、理想と現実の中でなんども幻滅し、依存すればするほど些細なことが命取りになり、体の関係も激しさを増していく。この情熱はもはや誰にも止められない。美しい官能の世界であるのだ。
●映画FUN 
中盤からは男女の特徴がよく出ており、引きで大きく捉えるカメラが二人の世界の小ささを感じさせる。愛と大人への成長がうまく交差し、幻滅し現実を知ることでその一歩は踏み出される。それは同時に自分自身を見つめる過程にもつながる。2人のリードによる偉大な演技、サポートするキャラクターたちも自分のものを持っています。結局のところ、2017年の最も評価の低い映画の一つであり、国際的な視聴者に値するものです。ぜひ堪能あれ。
●OPENLOAD
みんなにお勧めする素晴らしい映画。「青は最も暖かい色」(Abdellatif Kechiche監督)以来の微妙な象徴とイメージのベストな使い方。明るさと暗さを使用してシーンを設定し、視聴者に快楽主義のモチーフを強制することはありませんが、視聴者が自分の結論になることを信頼することを好む エンディングは何の答えも出ませんが、あなたに悲劇感を残します。シーンを開いたり閉じたりすることの重要性とその共生の性質を示す完璧なムービーです。
●VUDU
スペイン語の響きがいいですね。邦題については不満です。何が「禁じられた」なのか。とりあえず禁断風のネーミングセンスで客を釣れると思っているなんて浅はかですね。まあ、まんまと釣られましたが。日本では配信で公開みたいですが、確かに劇場向きではないし、一人で見る向き。展開的には大きく揺れないけど、依存症というか、離れらない関係を描く静かな作品だと思えば、なかなか悪くはない出来だったのでは個人的には思うのですが…。