クロニクル

これは手にしてはいけない能力を手にした若者たちの記録

ふとしたことで超能力を手にしてしまった高校生たちがその力に翻弄されていく姿をファウンドフッテージ形式で描いたSFアクション。平凡で退屈な日常生活を送る3人の高校生アンドリュー、マット、スティーブは、ある日、特殊な能力に目覚める。手を触れずに女子のスカートをめくったり、雲の上まで飛んでアメフトをしたり、3人は手に入れた力を使って刺激的な遊びに夢中になっていく。しかし、そんなある時、あおってきた後続車両にいら立ったアンドリューが力を使って事故にあわせたことから、3人は次第に自らの力に翻弄され、事態は予期せぬ方向へと発展していく。

原題:Chronicle / 製作:アメリカ(2012年) / 日本公開日:2013年9月27日 / 上映時間:84分 / 製作会社:Davis Entertainment / 配給:20世紀フォックス / 製作費:1200万ドル / 興行収入:

★【スタッフ】
監督:ジョシュ・トランク(関連作品:『ファンタスティック・フォー』)
脚本:マックス・ランディス
撮影:マシュー・ジェンセン
音楽:アンドレア・フォン・フォースター

★【キャスト】
デイン・デハーン、アレックス・ラッセル、マイケル・B・ジョーダン、マイケル・ケリー、アシュレイ・ヒンショウ、ボー・ピーターセン、アンナ・ウッド

【無料動画】

映画「クロニクル」予告編

映画「クロニクル」予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●映画FUN (2017年1月18日) 
尋常じゃない力を手にして、その力に溺れていく青年たち。ファンタジーSFではありますが、その中身は普遍的な青春映画にもなっていて、かなり身近なテーマになっている。いわゆるアメコミ映画とは全然違うものだと思った方がいい。自己承認欲求と蔑まれてきたことへの回答が極まったラストは切なくもどこか解放感もあって、この映画が清々しさと痛々しさを両立していることはバランスの絶妙さで成り立っているものといえるだろう。
●STREAMANGO (2017年2月11日) 
ヒーロー物にもヴィラン物にもなりうる不安定な高校生を描くもので、少し日本のアニメっぽい「俺、強いぜ!」みたいな能力を手にした少年がどう世界を折り合いをつけるかというテーマでもある。POVにしていることで、主人公が悪に染まっていく様をより不気味に見せつつ、今のSNS映えを連想させるかのようなライトな盛り上がりも感じる。本作が作られた時期は「youtuber」なんて言葉も認知されていない状態だったのだけど…。
●VUDU (2017年3月17日) 
この頃のデイン・デハーンは最上級。デハーンなどの怪しくて暗くて異形な美しさを持つ役者が好物な自分にとって、これはご褒美クラス。「手持ちカメラで撮りました」系のやつは苦手なんだけど、これは意外に大丈夫だった。上手く撮っているし、そこまで雑な感じもしないからか。哀しい物語、報われない物語で見ているとどんどん辛い感じになりますが、ハマる方にはとことんハマるかと思われます。隠れた名作です。