ジャスパー・ジョーンズ/Jasper Jones

オーストラリアの田舎の闇を描く

オーストラリアの作家クレイグ・シルヴェイが2009年に発表したヤング・アダルト・ミステリー小説を映画化。1960年代のオーストラリアの偏狭な田舎町を舞台に、13歳の少年チャーリーが、アボリジニとのハーフの問題児ジャスパー・ジョーンズに助けを求められて、彼が見つけた恐ろしい町の秘密を共有する。チャーリーはジャスパーと会った夜から、両親の不和や、街の中にある人種差別などの闇の部分に気付き、友情、恋などを通して少しずつ成長していく。

原題:Jasper Jones / 製作:オーストラリア(2017年) / 日本未公開: / 上映時間:105分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:レイチェル・パーキンス
脚本:ショーン・グラント

★【キャスト】
リーヴァイ・ミラー、アーロン・L・マグラス、アンゴーリー・ライス、ヒューゴ・ウィーヴィング、マイルズ・ポラード、ダニエル・ウィリー、スーザン・プライアー、ウィルソン・ムーア

【無料動画】

Jasper Jones – Official Trailer

Jasper Jones - Official Trailer


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●映画フリー (2017年3月13日) 
どこの国でも田舎の町は閉鎖的で排他的なんだなと実感するような作品です。さまざまな差別が渦巻く地方の暗い部分が浮き彫りになっていく物語で、それでもそこで成長していかなければならない現実に向き合っていく。そのためにはまずその暗い部分を真正面から見つめる必要があります。逃げてはいけない。この映画はまさに私たち観客もそういう現実を直視させるための作品にもなりえます。マイナーで知っている人は少ないでしょうけども。
●DAILYMOTION (2017年3月17日)
人種やマイノリティへの差別はもちろん、パワハラやセクハラなど弱者をテキトーな大義名分で痛めつけることを正当化している大人社会。世界には偏見や差別に向き合わないトップもいるなか、少しでも多くの人に見てほしいです。それくらいこの映画にはメッセージが詰まっています。オーストラリアが物語の場所となっているのですが、どこの国でも格差のような上下構造があって苦しんでいる人がいる。そんな素を描いた作品でした。
●STREAMANGO (2017年5月12日)
「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」のレッドスカルや、「トランスフォーマー」シリーズのメガトロンの声、「ホビット」シリーズのエルロンドで有名なヒューゴ・ウィーヴィングが出演していて名演を披露しています。それだけでもじゅうぶん鑑賞に値するのに、さらに魅力的なドラマがあるわけですから、観ないなんておかしいでしょう。でも扱いが小さいのが非常に残念。こういう映画にこそ注目すべきなのに。