ボックストロール

ボックストロール

「クボ」のライカが贈る日本限定公開アニメ

『KUBO クボ 二本の弦の秘密』で世界的に高く評価されているライカ・スタジオが手がけ、日本では劇場未公開だったストップ・モーション・アニメーション映画。地下に暮らすダンボールを着ている奇怪なトロールたちに育てられたみなしご少年は、下水道から這い上がり、箱の中から飛び出し、アーチバルト・スナッチャーという名の邪悪な駆除業者から家族や町を救おうとする。

原題:The Boxtrolls(「ボックス・トロール」) / 製作:アメリカ(2014年) / 日本公開日:2018年6月(DVDスルー) / 上映時間:96分 / 製作会社:Laika / 配給: / 製作費:6000万ドル / 興行収入:1億900万ドル

【無料動画】

The Boxtrolls | Official Trailer #1

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket

▼無料動画を見る方法▼

大作アニメーションやTVアニメの劇場版ばかりを見ている人もたまにはインディーズ作品のアニメ映画を観てみるのも楽しいものです。個性豊かな作品が揃っています。そんな作品を観たいときは動画配信サービスを使ってお得に観ることができるかもしれません。ネット配信なので、マイナーな作品でも探すのは比較的楽です。スマホでも視聴できますので、外出中に観るのもいいでしょう。事前にダウンロードしておけば、通信制限も関係なしです。

しかも、利用者が最も喜ぶキャンペーンとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

不正な動画サイトは法的にも有用性の観点からも推奨しません。最近ではサイトを利用している間に不正なプログラムを裏で作動させ、ユーザーのパソコンやスマホに負荷をかけるものも確認されています。また、大音量で広告を流すなど、とにかく迷惑しかないサイトも多く、不快な思いをするかもしれません。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴もできるならさっそく試してみたいと行動に出たいところです。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「ボックストロール」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。未体験のVODがピックアップされているときはラッキーです。無料動画というかたちで視聴するベストタイミングが来たといえます。

『ボックストロール』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:グラハム・アナベル、アンソニー・スタッチ
脚本:イレーナ・ブリグネル、アダム・パバ
音楽:ダリオ・マリアネッリ

★【キャスト】
ベン・キングズレー、アイザック・ヘンプステッド・ライト、エル・ファニング、トレイシー・モーガン、リチャード・アイオアディ、ニック・フロスト、ジャレッド・ハリス、トニ・コレット、サイモン・ペッグ

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.8/1076%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.00??/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【受賞】
第87回アカデミー賞で長編アニメーション賞にノミネート。

★【感想・批評】

●映画フリー
ライカのストップモーション・アニメは世界で絶賛されている。にもかかわらず、日本では冷遇されている。前作「コラライン」や「パラノーマン」の公開劇場数の少なさ。そして本作にいたっては長らく劇場公開される気配さえなかった。いち映画ファンとしてこれほど悲しいことはない。声優をつとめる俳優陣も物凄い豪華なのに。宣伝のしようで人気を生み出すことはいくらでもできたはずなのに、安易に売れる大手大作ばかりに走る日本映画界は、きっとこんな「ボックストロール」のような創造性あふれる作品は生み出せないだろう。この映画から学ぶべきことはたくさんあるはずだ。
●CRUNCHYROLL
この作品の一番の魅力はキャラクターだと思います。正直、醜い、気持ち悪い奴らばかりです。それでも必死にこの世界で生きようとする姿が共感を生みます。酷い目に遭っても頑張り、初めての知らない世界での困惑も経験しながら、前を向く。勇気をもらえる人はたくさんいると思います。デザインも秀逸で、寄せ集めのモノでも個性豊かな存在感を上手く見せており、動かす楽しさを刺激する、実にストップモーションにぴったりな奴らでした。これは見ていない人も多いでしょうが、必見ですよ。
●海外コメント
美しく美麗な細かさに溢れている。アニメーションは、コープス・ブライドを連想させる設定に基づいていることがわかります。ボックストロールの産業緑色の口蓋から、貴族階級の硬くて澱粉の特徴付けに至るまで、映画のビジュアルデザインはよく一緒に保持されます。映画の後、あなたは心の中で多くのものを持って劇場の外を出るでしょうが、眠るのに飽きたか、またはアニマル・ホッグウォッシュの別の教訓的な特徴に合った子供と一緒に歩くことはありません。それはどの映画にとっても印象的な成果です。