隣人のゆくえ あの夏の歌声

私たちが作りました

原題:隣人のゆくえ あの夏の歌声
製作:日本(2016年)
日本公開日:2017年8月12日
上映時間:77分
製作会社:
配給:i SHIBAGUCHI FILM
製作費:
興行収入:

山口県下関在住でサラリーマンをしながら映像制作活動も行っている柴口勲監督が、40人の中高生とともに作り上げたミュージカル映画。戦後70周年を機に製作され、太平洋戦争時の下関空襲で焼け落ちたものの再建された梅光学院を舞台に、下関空襲を記録した写真を取り入れるという条件以外は白紙の状態からスタート。中学1年生から高校2年生までの40人の生徒がワークショップなどを経て、出演や音楽、振り付け、撮影、録音、照明など、制作全ての主体となった。ある日、忘れ物を取りに学校へ戻ったカンナは、校内に響く歌声に誘われて導かれるようにミュージカル部が練習している部屋にたどり着く。夏休みの間、観客としてミュージカル部に来てほしいと頼まれたカンナは、迷いながらもその部屋へ通うことになるのだが…。

★【スタッフ】
監督:柴口勲
脚本:柴口勲
撮影:柴口勲、上垣内愛佳、小川奈緒子、高松博由樹
音楽:正司怜美、岡村菜々子、竹内義晶

★【キャスト】
正司怜美、福田麗、岡本ゆうか、江藤心愛、吉田玲、平島咲良

【無料動画】

『ひこうき雲』などの柴口勲監督作!映画『隣人のゆくえ-あの夏の歌声-』予告編

『ひこうき雲』などの柴口勲監督作!映画『隣人のゆくえ-あの夏の歌声-』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2017年9月15日) 
世の中にはいろいろな大作が映画館に溢れかえっていますが、ときにはこういう素朴でまごころのこもった、おにぎりみたいな映画も大切にしていきたいものです。創作活動を支えることこそが、映画界の未来の発展のために欠かせないことなのですから。しかし、その場というのは限られており、せっかく劇場公開しても一瞬で終わってしまうし、いろいろ大変です。今は新しいメディア媒体もありますから、多角的に適切なサポートができるといいですね。
BILIBILI (2017年9月16日) 
中高生が手がけているので当然のように作りは雑です。未熟な部分の方がはるかに目立ちます。でもこの純真さは今の邦画が無くしたものを見ているような気分になりました。十代の子どもたちが自分の言葉で何かを表現しようとすることは大切じゃないですか。昨今はSNSが普及し、今の若いものはコミュニケーションがどうたらと批判されることもしばしば。だったらその若者を馬鹿にする大人は若者たちのこういう創作活動を支えているのでしょうか。
PARAVI (2017年9月17日) 
独立系の映画館はこういう作品のために存在するのですよね。訴えたいという気持ちが全編にわたって光り輝いていました。劇中歌はどの曲もシンプルながら確実なメッセージ性で、心に響きます。演技の未熟さはもちろん否めないのですが、それを凌駕する透明感のある歌声、動き、会話が突き刺さります。そして、後半に起こる仕掛けに思わず感動。この映画は中高生たちが演じるだけでなく、製作にも関わって手作りで頑張っている、素晴らしいことです。