かぐらめ

獅子神楽ととも家族を描くドラマ

原題:かぐらめ
製作:日本(2015年)
日本公開日:2015年10月24日
上映時間:112分
製作会社:
配給:イーライフピクチャーズ
製作費:
興行収入:

日本の伝統芸能「獅子神楽」を軸に、伝承の大切さと現代の家族の在り方を描いた心温まる人間ドラマ。山梨県の富士山近くに位置する都留市。そこでは地元の人々が穏やかに暮らしていた。そんな町で暮らす秋音が小学生の時に最愛の母が亡くなったという出来事があった。母を看取ることなく「獅子神楽」を舞っていた父に対し、秋音は「母と獅子神楽、どっちが大切なの?」といった疑問を抱き、そのことが原因で父との関係に深い溝ができてしまう。月日は流れ、高校卒業と同時に故郷を離れた秋音は母の13回忌で5年ぶりに実家に戻ってくるが、父のそばには亡くなった母に似た女性の存在があった。それは説明のつかない不思議な出来事であった。町では60年に一度の大例祭が近づき、ベテランの舞い手として、父は最後の舞を披露することになっていたが、その体に異変が起こる。

★【スタッフ】
監督:奥秋泰男
脚本:難波望
撮影:岩永洋
音楽:五十嵐宏治

★【キャスト】
武田梨奈、大杉漣、筒井真理子、黒川芽以、森岡龍、大河内奈々子、白須慶子

【無料動画】

映画「かぐらめ」本予告編

映画「かぐらめ」本予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV
【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年6月15日) 
山梨県都留市の市制60周年協賛事業として制作に至った経緯からもわかるように、この映画は完全な地方を題材にしたご当地作品です。公式サイトはすでに閉鎖されたようで情報が乏しいですけど、獅子神楽をテーマにした作品になっています。ゆるキャラのように量産されまくるご当地映画と違って、今作の場合は、しっかり日本文化に根付いた意識があって、畏敬の感情がこもっている優しい作品でしたので安心しました。作品自体はあっさりです。
BILIBILI (2016年7月17日) 
武田梨奈はアクションだけではなくて、ドラマもしっかり演じられるのだぞということを証明して見せた作品です。とても魅力的に演じていました。ただ、彼女がメインで舞うわけではないのですね。そこが当初の期待とは違ったのであれでしたが、大人しいドラマチックな感情を丁寧に表現しており、新しい一面を見れたので良かったです。話としてはど定番の父と娘の話になっており、そこはもう少し独自の色を出しても良かったのですけど…。
DAILYMOTION (2017年10月19日) 
地方PR動画を作っている株式会社ヌーヴォの制作による映画なので、マイナーな作品以前に地元観光宣伝的な特色は否めませんが、でも良作でした。主演の武田梨奈は本作で評価されたのか、この後はアクション一辺倒であったキャスティングが変化し、大人しいドラマにも出るようになっていきました。良いきっかけとなる作品だったのではないでしょうか。「かぐらめ」というタイトルのとおり、日本の伝統に焦点をあてた素晴らしい映画でした。