マイティ・ソー ダーク・ワールド

シリーズ2作目はさらに神がかっている!

マーベル・コミックの人気ヒーローを映画化した『マイティ・ソー』(2011)の続編。マーベルヒーローが集結し世界的大ヒットを記録した『アベンジャーズ』から1年後を舞台に描かれる。宇宙が誕生する前に、闇の中からダークエルフ達が生まれた。宇宙が誕生した時に、ダークエルフの中で最も邪悪なマレキスが、インフィニティ・ストーンの中の一つエーテルを使い、宇宙を再び永遠の闇に戻そうとした。アスガルド軍が必死に応戦し何とかエーテルを奪い取る事に成功した。ダークエルフ達は何処かに消え、エーテルは地中深くに埋められた。そして現代。英ロンドンに原因不明の重力異常が発生し、ソーの恋人で天文学者のジェーンが調査に向かうが、そこでジェーンは地球滅亡の鍵となるダーク・エルフの力を宿してしまう。事態を打開するため、ソーはジェーンを連れてアスガルドに戻るが、そのせいで家族や故郷を危機的状況に陥れてしまう。最後の手段としてソーは、血のつながらない弟で宿敵でもあるロキの力を借りることになるが…。

原題:Thor: The Dark World / 製作:アメリカ(2013年) / 日本公開日:2014年2月1日 / 上映時間:112分 / 製作会社:Marvel Studios / 配給:ディズニー / 製作費:1億7000万ドル / 興行収入:6億4400万ドル / 前作:『マイティ・ソー』 / 次作:『マイティ・ソー バトルロイヤル』

【無料動画】

映画『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』日本版予告編

映画『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』日本版予告編

(C)2013 MVLFFLLC. TM & (C)2013 Marvel. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
AuVideo

▼無料動画を見る方法▼

マーベル・シネマティック・ユニバースと呼ばれるアメコミ映画シリーズは作品数も多く、一気見したくなります。そんなときには動画配信サービスがオススメです。あまり知らない人もいますがサービスの中には、最新作公開に合わせて関連作を限定で見放題にしているものもあります。このタイミングで無料お試しキャンペーンを利用すれば、なんと全配信作品を無料で見れてしまうという超豪華な体験ができます。この機会をお見逃しなく。そのためには小まめなチェックが大事です。

どの動画配信サービスで見られるかについてですが、このページでは配信中のVODを整理しており、視聴可能なものを選ぶ作業を短縮できます。レコメンドされているVODの中から、可能な限り自分が利用したことのないVODを選び、無料動画を体験しましょう。

『マイティ・ソー ダーク・ワールド』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:アラン・テイラー
脚本:クリストファー・L・ヨスト、クリストファー・マルクス、スティーブン・マクフィーリー
撮影:クレイマー・モーゲンソー
音楽:ブライアン・タイラー

★【キャスト】
クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、トム・ヒドルストン、アンソニー・ホプキンス、ステラン・スカルスガルド、イドリス・エルバ、クリストファー・エクルストン、アドウェール・アキノエ=アグバエ、カット・デニングス、レイ・スティーブンソン

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
7.0/10 66% 54
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
3.6/5.0 3.65/5.00 3.6/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
ソーとジェーンのお似合いカップルもダーシーの可愛らしさも母親との別れも名シーンいっぱいの山盛りなのですが、一番の見どころはロキですね。彼を語らずにこの作品の魅力を説明すると50%減になってしまいますから。エーテル、無限の石、惑星直列、重力変動、ダークワールドとスケールのデカすぎる要素が次々出てくるので、いきなり本作から見るとついてくるのが大変かもしれません。ちゃんと1作目から見ましょう。それさえあればOKです。
●映画FUN  
ハイファンタジーとハードSFの融合は本作でさらに昇華され唯一無二の世界観を構築。このぐらぐらと世界が変わっていく感じはクセになりそう。他のアベンジャーズのメンバー呼ばなくて大丈夫?と思うほど、異常事態が起きているけど、なんとかなっている不思議。ロキを完全に死なせちゃう予定だったらしいけど、今作であそこまで大活躍して本当に良かった。やっぱりコイツはゴキブリ並みのしつこさを発揮しないとダメですよね。
●STREAMANGO 
嫉妬するソーも照れるソーも電車乗るのも可愛すぎで、ロキにいたってはキュートないじられキャラを完璧に完成させてしまっている。このマイティー・ソー第2作目もインフィニティストーンの一つ、エーテルを巡っての戦いになり、ちゃんとMCUとのつながりを感じさせるにもいい。これが「ラグナロク」につながると思うと最高。「インフィニティウォー」では、ああなっちゃうのだけど。キャラ愛が急上昇していく良い続編の第2弾でした。
マーベル

★【マーベル・シネマティック・ユニバース 作品を総復習!】
フェイズ1
・『アイアンマン』(2008年)
・『インクレディブル・ハルク』(2008年)
・『アイアンマン2』(2010年)
・『マイティ・ソー』(2011年)
・『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)
・『アベンジャーズ』(2012年)
フェイズ2
・『アイアンマン3』(2013年)
・『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013年)
・『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年)
・『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年)
・『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)
・『アントマン』(2015年)
フェイズ3
・『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』(2016年)
・『ドクター・ストレンジ』(2016年)
・『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』(2017年)
・『スパイダーマン ホームカミング』(2017年)
・『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017年)
・『ブラックパンサー』(2018年)
・『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』(2018年)
・『アントマン&ワスプ』(2018年)

サイトについて

シェアする

フォローする