インフィニット

サンダンス映画祭で絶賛!予測不能の特殊能力

異色にして衝撃のストーリーがサンダンス映画祭で絶賛された、ジェイコブ・ラティモア主演、ジェイソン・ブラム製作総指揮によるSFアクション。本物の超能力を持つ若きストリートマジシャンのボーは、母親が死んでから、麻薬取引に関わりつつ、ひとりで妹の面倒をみていた。ある日、麻薬の元締めといざこざを起こし、妹が誘拐されてしまう。どうにかして妹を取り戻したい彼は、自らが持つある能力を開放し、麻薬組織のリーダーの家に乗り込む。はたして、ボーは妹を救えるのか…。

原題:Sleight / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開日:2017年11月(DVDスルー) / 上映時間:89分 / 製作会社:Diablo Entertainment / 配給:

【無料動画】

SLEIGHT – OFFICIAL TRAILER (2017)

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼無料動画を見る方法▼

有名作ばかりでなく、あまり知られていない隠れた映画を探して見るのも楽しいものです。そんなときにぜひともオススメなのが動画配信サービス。すでに知っている人も多いと思いますが、ネット配信の作品を一度にたくさん扱っているものです。もちろん作品の種類はバラエティに富んでおり、普通のレンタル店よりも多いくらいです。しかも、他にはないメリットとして、無料お試し期間が設定されています。つまり、その期間内であれば、機能を自由に試しつつ、お得にタダ鑑賞もできるわけです。

ひとつ厄介なことがあるとすれば、たくさん存在する動画配信サービスの中で、自分の見たい作品を扱っているVODがどれなのかわからないという問題。そこでこのページでは配信しているVODを整理して、一覧にしており、判断をするための手助けになります。具体的には表示されているVODで作品を視聴することができます。

『インフィニット』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ジャスティン・ディラード

★【キャスト】
ジェイコブ・ラティモア、セイチェル・ガブリエル、デュレ・ヒル、キャメロン・エスポジート

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
5.9/1074%62
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.002.8/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●映画フリー
この作品は、両親を亡くした主人公のボーさんが、妹を養うため、もっといい学校に転校させたい為、昼は、道端でマジックをし、夜は、ドラッグのディラーをして日々を過ごしています。ストーリーは、変わったサイキックもので、麻薬組織の残忍な場面も出てきますが、いたって、坦々と進んでいきますが、ボーさんが、組織の金をチョロまかしたところから人生の歯車が、くるくると狂ってきます。小粒なアクションムービーとしてはこんなものかな。
●映画FUN 
全編、主人公のボーさんを演じているジェイコブ・ラティモアさんの優しそうな表情や彼の妹との関わりやガールフレンドのホリーさんへの優しい言葉かけに感動をしてしまいました。ラストは続編があるのかな? 個性の強さではピカイチな作品だったし、おそらくハマる人はハマるタイプの一作です。問題があるとすれば、知名度の極端な低さと、作風のインパクトが一般受けはしないので、世間の評価が低くなってしまうことでしょうか。
●BILIBILI
かなり独自色が鮮烈な作品。ドラッグディーラーとマジシャンという二つの要素組み合わせて話進めるあたりもなかなか個性的。パワーが炸裂するアクションシーンは相当よかったと思うんですが、作品のほとんどがストレスフルなギャングとのやりとりだったりして、結構人を選ぶ作品になるかもしれない。変わった映画を観たいなら、この作品はぴったりです。とにかく強烈な他にないオリジナリティを欲しているのならば、手を出すことに問題なしです。
●STREAMANGO
ポテンシャルの高さだけで言えば、100点。わかりやすは50点。映画的な映像のパワーは60点。強烈なアイデンティティの高みを見るのであれば200点。そんな案配です。批評家の評価が高めなことからもわかるように、これは映画ファンほど観るべき一作であり、普段そこまで映画愛はないという人は「なんだこれ」な状態になります。そこらへんもじゅうぶん把握しておけば、がっかり感は薄れるはずです。実験的な映画だと思って鑑賞しましょう。