ザ・ハウス/The House

今日から自宅を闇カジノにしちゃいます!

とある夫婦が愛する一人娘を大学に進学させるために自宅で闇カジノを運営することを決めて大騒動を起こすコメディ。

原題:The House / 製作:アメリカ(2017年) / 日本未公開: / 上映時間:88分 / 製作会社:New Line Cinema / 配給: / 製作費:4000万ドル / 興行収入:

【無料動画】

"The House" Official Trailer

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:アンドリュー・ジェイ・コーエン
脚本:ブレンダン・オブライエン、アンドリュー・ジェイ・コーエン
撮影:ジャス・シェルトン
音楽:アンドリュー・フェルテンスタイン、ジョン・ノー

★【キャスト】
ウィル・フェレル、エイミー・ポーラー、ジェイソン・マンツォーカス、ニック・クロール、ジェレミー・レナー

★【感想・批評】

●映画フリー 
もう何も考えないで頭の思考回路をストップして見れる、ザ・コメディ映画。ストーリーは、ばかばかしいが笑える。ウィル・フェレルに外れなし。と言っても、毎度の事ながらウィットもあったもんじゃないアホなコントの連続が清々しい。今回は、大学進学を控えた娘の学費捻出のためにご近所相手に闇カジノで大儲け、という滅茶苦茶なお話。プチグロシーンもあり、あの人のアレがあんな事になってしまったり、何も考えずとも徹頭徹尾楽しめる作品。
●無料ホームシアター 
こんな世相だからこそ、バカバカしさに対するモチベーションが尋常じゃない。ジェレミー・レナーも出てきてビックリ! 相変わらずかっこいい! でもやられ役ってのはちょっと残念…終わり方はやっぱりコメディだなぁって上手くまとまってた。基本は本当に何もない。取るに足らないことのオンパレード。いくらなんでもこれはないであろうという状況でしかないが、そこも含めてノリですよ。そんなことを気にするようなら初めから観ないでしょうけどね。
●海外コメント 
私はこの映画を率直にゲラゲラと楽しんだ。それは私を笑わせてくれました。ウィルとエイミーは、娘が人生で良いスタートを取ることを確認するために何かをする風変わりなカップルとして偉大だった。支持するキャストは面白くて信じられないものでした。最初はまっすぐなコメディのように見えるかもしれない映画には問題がありませんでしたが、実際には心が沸いていました。それは認めます。だってこのバカな行動の数々です。不満を言うのもアホでしょう。
●STREAMANGO 
娘を大学に連れて行くという2人の主人公の野心を伝えようとするのは、5分前のシーンが酔っ払い、静かに家に入るのを苦労したときにはうまくいきません。キャストはまったく陽気で、私はそれぞれのキャスティングに悩まされていないし、みんなの間の化学は驚異的だった。フェレルはいつものように輝いていて、明らかに多くの場面で脚本を外しています。エイミー・ポーラーとの彼の化学は素晴らしく、彼女はお互いに安心していたようでした。