猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

「猿の惑星」リブート・シリーズ第3作

マット・リーヴス監督による、「猿の惑星」シリーズをリブートした『猿の惑星:新世紀』の続編で、猿のシーザーの激動の人生の最終章が描かれるSFドラマ。復讐心に囚われた猿のコバの反乱によって、猿と人間の戦争が引き起こされてから二年。猿と人類が地球の支配者を決する戦いの一方で、自らの種族を守るべく行動する猿のリーダー・シーザーは葛藤していた。また、シーザーに粛清されたコバのかつての部下で、シーザーへの復讐に燃える赤毛のゴリラ・レッドを筆頭に、猿達の中でも人間側へと寝返る裏切り者も出始め、猿と人間の争いは混迷を極めつつあった。そして、シーザーは旅立つ。ついにこの星の運命を決定づける巨大な戦いが始まる。

原題:War for the Planet of the Apes / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開日:2017年10月13日 / 上映時間:140分 / 製作会社:Chernin Entertainment / 配給:20世紀フォックス / 製作費:1億5000万ドル / 興行収入:4億9000万ドル / 前作:『猿の惑星:新世紀(ライジング)

★【スタッフ】
監督:マット・リーヴス(関連作品:『モールス』)
脚本:マーク・ボンバック、マット・リーヴス
撮影:マイケル・セレシン
音楽:マイケル・ジアッキーノ

★【キャスト(キャラクター)】
アンディ・サーキス(シーザー)、ジュディ・グリア(コーネリア)、ウッディ・ハレルソン(大佐)、アミア・ミラー(ノヴァ)、スティーヴ・ザーン(バッド・エイプ)、カリン・コノヴァル(モーリス)、テリー・ノタリー(ロケット)、タイ・オルソン(レッド・ドンキー)、マイケル・アダムスウェイト(ルカ)、トビー・ケベル(コバ)、サラ・カニング(レイク)、マックス・ロイド=ジョーンズ(ブルーアイズ)、デヴィン・ダルトン(コーネリアス)、アレクス・ポーノヴィッチ(ウインター)、ガブリエル・チャバリア(プリーチャー)

【無料動画】

映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』予告A

映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』予告A

Go Behind the Scenes of War for the Planet of the Apes (2017)

Go Behind the Scenes of War for the Planet of the Apes (2017)


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.5/1093%82
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.6/5.03.63/5.003.7/5.0
coco映画ぴあ映画生活  KINENOTE  
87%74点75.9点
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン(公式クラウド)
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸による痛快な映画評論。

映画の無料動画で夢心地(2017年10月30日) 
過去作を見てきた人ならばシーザーの辿ってきた歴史を思い返し、その雄姿と成長に、どうしたって涙してしまう。はっきり言ってこの映画は過去作さえ見れば感動が2倍にも3倍にも倍増するので何としても過去2作を見ておくべきです。例えば、シーザーの人間の言葉の話し方が流暢になっている姿、最後に大佐を見つめる目とその葛藤、これらは過去作を理解していないとわからないでしょう。家族を何度も失っているシーザーが最期の瞬間に見たもの、それはやっぱり「家族」なのです。もうこれは…落涙しますよ。シーザー、ありがとう…。
映画FUN (2017年11月10日) 
まずこれは誰が見てもわかる凄さですが、映像技術が凄まじいです。今はCGで驚く人はほとんどいないですが、この映画は大げさな表現抜きで本当に圧倒的なクオリティでした。ただのリアルではない、役者としての演技力さえ感じるレベルの表現力。フェイシャルをトレースした表情も圧巻だし、光源や環境で変化する毛並みも尋常じゃない。CGがあるからといって役者が廃業になるわけではない、むしろ役者の新たな活躍の場が開かれた、ものすごい未来を感じさせます。これから映画界の最先端はどうなっていくのでしょうか。震えるほどワクワクします。

★【おすすめの関連作】
・『猿の惑星(1968)
・『PLANET OF THE APES 猿の惑星