日本沈没(2006)

日本が終わる

1973年にもオールスターキャストで映画化された小松左京によるSF小説を樋口真嗣監督がリメイクした、日本の総力を結集した一大スペクタクル・パニック・ムービー。日本海溝直下の大規模な地殻変動により日本列島の大部分が海中に沈むという予測が発表され、その発表を前後してマグニチュード8クラスの大地震が連続発生する。

原題:日本沈没 / 製作:日本(2006年) / 日本公開日:2006年7月15日 / 上映時間:135分 / 製作会社: / 配給:東宝

【無料動画】


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼無料動画を見る方法▼

かつてその年を代表する大作は公開されたときは盛り上がりますが、時が過ぎてからはなかなか出会える機会が少ないものです。そんなときに最近になってますます存在感が増している動画配信サービスを利用してみると、普段は出会えない映画にも遭遇できるかもしれません。このサービスは各社が展開していますが、基本的な仕組みは同じ。見放題という扱いで月額や年額の料金を払えば対象作品を好きなだけ見られるタイプから、ページ・ピュー的に作品ごとにコンテンツ課金をしていくタイプまで。どちらも合わさったものがあります。さらに無料お試しキャンペーンによって、それらのサービスを期間内はタダで利用できるものもあり、非常にお得です。

では自分の見たい作品を配信している動画配信サービスはどれなのでしょうか。そんな疑問にはこのページがお答えします。配信しているVODを整理して表示しています。もしネット配信がない場合は、レンタルサービスを活用しましょう。こちらも家にいながらDVDを借りることができ、しかも無料お試しキャンペーンもしっかり用意されています。気軽に試すことができるでしょう。

『日本沈没』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:樋口真嗣
脚本:加藤正人
撮影:河津太郎
音楽:岩代太郎

★【キャスト】
草なぎ剛、柴咲コウ、及川光博、國村隼、石坂浩二、豊川悦司、手塚とおる、國村隼、大地真央、北村和夫、矢島健一、大口広司

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
2.4/5.02.59/5.002.7/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
邦画ではなかなか良くできた作品であると思う。理論は別として科学的要素も多く、少なくとも30年前の子供たちにとっては興味をそそる作品である。DVDのサブトラック音声解説で解ったのですが、この作品は前作の「日本沈没」のアンチテーゼでもあるみたいです。なのでかなりいろいろな視点から語りがいがある作品であり、一度見た程度で評価を確定させるのは違うだろう。多角的な分析をされている人の意見は参考になるので確認してみると良い。
●映画の無料動画で夢心地 
おそらくあの震災を経験した今の日本ではこのような映画を単純に楽しむことはできない。さすがのお気楽日本人も災害的パニックをベタなドラマにしてしまうことには抵抗がある。不謹慎だし、無謀だし、非現実的だ。だからこの映画は公開当時の状況を忖度しながら、ディザスターパニック・エンターテインメントとして開き直って見るしかないでしょう。少なくともたぶん今作は一生涯、永久的にお蔵入り的な扱いで終わるのではないでしょうか。
●DAILYMOTION
どう見てもいろいろ言いたくなる出来ではあります。手に汗を握るはずのラストシーン、一回しかないチャンスを奇跡的にものにしてしまうハイパーご都合展開、やっぱりやってしまったかという唐突なラブシーン…これはもうお約束として受け止めようという広い心が必要です。日本にもこんな気楽でいられた時代があったんだという忖度です。そして、今の時代との差を噛みしめる。これはこれで日本が成長したということなんじゃないだろうか。
●VIDEOEYNY
ジャニーズ主演の大スペクタル・ビック・タイトル。今であれば絶対に特大ヒット確実なインパクトを約束ているはず…だった。しかし、どうだろうか。今の観客の目にはこの映画はどう映るだろうか。この作品がほとんど露出なく、今ではレアな扱いになってしまったのも、さまざまな要因の圧力を感じてしまうのも無理ない話だ。日本は沈没しなかったが、この映画は沈没してしまった。再び復興して浮上することはないだろうと思ってしまう。