きみの声をとどけたい

きみの声をとどけたい

声の大切さを描くフレッシュ青春アニメーション

湘南・鎌倉を舞台にそれぞれ悩みを抱える女子高生たちの爽やかな青春を描いた劇場用オリジナル長編アニメ。「おジャ魔女どれみ」シリーズや「ワンピース」、「ふたりはプリキュア」など様々な作品に携わってきた伊藤尚往が監督をつとめる。海辺の町・日ノ坂町で暮らす16歳の少女なぎさは、将来の夢を見つけることができず焦りを感じている。彼女は幼い頃に祖母から聞いた「言葉には魂が宿っている」という言霊の話を信じていた。ある日、何年も使用されていないミニFMステーションに迷い込んだなぎさは、出来心からDJの真似事をする。偶然にも放送された彼女の言葉は、思いがけない人物に届いていた。

原題:きみの声をとどけたい / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年8月25日 / 上映時間:94分 / 製作会社:東北新社、マッドハウス / 配給:東北新社

【無料動画】

映画『きみの声をとどけたい』特報

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

大作のような有名なアニメ作品映画は人気ですがときには素朴な目立たない作品の中にも思わぬ魅力的な映画が隠れていることがあります。そんな作品を観たいときは、動画配信サービスがオススメです。スマホでも視聴できるので、AndroidやiPhoneどちらを持っていても、対応しているので、好きなタイミングで自由に鑑賞することができます。ダウンロード機能もあるので、事前にスマホに移しておけば、通信制限を気にせず、視聴できます。

しかも、利用者が最も喜ぶキャンペーンとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。最近ではサイトを利用している間に不正なプログラムを裏で作動させ、ユーザーのパソコンやスマホに負荷をかけるものも確認されています。また、大音量で広告を流すなど、とにかく迷惑しかないサイトも多く、不快な思いをするかもしれません。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴もできるならさっそく試してみたいと行動に出たいところです。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「きみの声をとどけたい」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

『きみの声をとどけたい』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:伊藤尚往
脚本:石川学
キャラクターデザイン:青木俊直
音楽:松田彬人

★【キャスト】
片平美那、田中有紀、岩淵桃音、神戸光歩、鈴木陽斗実、飯野美紗子、三森すずこ、梶裕貴、鈴木達央、野沢雅子

★【雑学(トリビア)】
2017年4月より「コトダマラジオ」と題したラジオ番組が放送され、高校生によるラジオ出演という作品のテーマにならって、湘南地区に住む地元の高校生が番組に出演している。

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.6/5.04.00/5.003.4/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
よくあるテーマでよくある青春映画で、現実性を追った作品という感じ。大体よくまとめられてて、キャラの背景が詳しくわからなくても、楽しめる作品。小品ながらこのアニメにはあふれるみずみずしさか感じられる。これはどうしてなのか?おそらく、舞台である湘南と設定のミニFM、そして六人の新人声優の初々しさの「良い」ところが、みごとなアンサンブルを奏でたとしか思えない。思わず手を叩いてしまう気持ちのいい名作でした。
●映画フリー
美しいハーモニーでした。それは作り手の確かな腕だあればこそだろうが、それがこれ以上の効果をもたらすとそれは映画の神様が微笑んだとしか考えられない。見てない人はぜひおすすめできる一品です。とくに大事件がおこるわけでもなく、日常が過ぎていく。風が吹くようにときどき何かの力が働く。そんな日々をいつものように普遍的に描くのはこのアニメ作品の醍醐味といえるのではないか。
●BILIBILI 
お話自体は児童文学と言っても差し支えないくらいオーソドックス。キャラクターの行動も概ね予想の範疇であり、映画通が唸るような意外な展開はほぼありません。しかしこの「至って普通」の物語が、青木俊直氏の描く独特の線のキャラクター達と、新人声優達の生々しさを残す演技により、「普通だけど普通じゃない」空気を生み出しています。
●CRUNCHYROLL
傑作と褒めたたえるのは好きではないが、なんとなく大事な一本に出会えたような気分になる映画でした。最後にちょっとした奇跡が起きますが、そこで感動する映画ではないと思うので、キャラクター同士の関係性を退屈と見るか、好意的に見守れるかが評価の分かれ目かと思います。あと1年早くても遅くても録れなかったであろう瑞々しい劇中歌は一聴の価値あり。