いつも心はジャイアント

難病だとしても懸命に生きるのは同じ

原題:Jatten(The Giant)
製作:スウェーデン・デンマーク(2016年)
日本公開日:2017年8月19日
上映時間:90分
製作会社:
配給:ブロードメディア・スタジオ
製作費:
興行収入:

★【評価】
80% Rotten Tomatoes

難病を患いながらも懸命に生きる青年の姿を描いたスウェーデン発のヒューマンドラマ。頭の骨が変形する難病を患う青年リカルドには父がなく、精神を病んだ母は自分とは別の施設で過ごしている。また、特異な見た目のせいで差別を受け続けてきたことで、いつしか自分が巨人になった不思議な世界を空想するようになっていた。そんなある日、ふとしたきっかけでペタンクという球技を知ったリカルドは、練習仲間との触れ合いを通じて変化していく。ペタンクの大会で優勝すれば、いまは会えない母にも元気を与え、一緒に暮らすことができると考えたリカルドは、一心不乱にペタンクを続けていく。

★【スタッフ】
監督:ヨハネス・ニホルム
脚本:ヨハネス・ニホルム
撮影:ヨハン・ルンドボルグ

★【キャスト】
クリスティアン・アンドレン、ヨハン・シレーン、アンナ・ビエルケルード、リンダ・フェイス

【無料動画】

映画「いつも心はジャイアント」予告編

映画「いつも心はジャイアント」予告編

©2016 Garage Films SE .ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画FUN (2017年9月10日) 
ドキュメンタリーとファンタジーの融合のような不思議な映画で捉えどころがないのが第一印象でしたが、観終わって見れば素晴らしいヒューマン・ドラマでした。難病を患いながら母と離れて暮らさざるをえない青年がひたむきに生きていくというあらすじを説明すると普通の作品と思われてしまうのが残念ですけど、もう少し先入観は脇に置いて見た方がいいかもしれません。内容がこうなってくると、北欧映画好きはまず必見といえるでしょう。
DAILYMOTION (2017年9月16日) 
非常に構成がモザイク状です。ドキュメンタリーやファンタジー、スポ根、コメディなど色々なジャンルの映画をシーンごとに繋ぎ合わせたような意欲的なつくりを持っています。前半の雑多な各種のエピソードが、北欧選手権のスポ根ドラマから一気に熱い展開へと変わるなんて鮮やかではないですか。ペタンクという競技を初めて知ったという人も多いと思いますが、変わったスポーツものとしても楽しめる、ユニークな作品ではないですか。
STREAMANGO (2017年9月18日) 
ただの難病もの感動ドラマだと思っていました。実際は凄い映画でした。何がそんなに凄いのかといえば、映像的見せ方です。かなりトリッキーな手法を用いてきます。この挑戦的な企画によくGOを出して、映画化したなと感心です。結果的にありがちなジャンル映画に着地せずに意外性を見せているので正解でした。ペタンクというシンプルそうで奥が深いスポーツが表現すること自体が、主人公の人生と重なるのも見どころでしょうね。