シークレット・オブ・ハロウィン

ハロウィンの夜に待ち受ける不思議体験

原題:Boys in the Trees
製作:オーストラリア(2016年)
日本公開日:2017年7月28日
上映時間:112分
製作会社:
配給:カルチュア・パブリッシャーズ
製作費:
興行収入:

オーストラリアの新鋭ニコラス・バーソが監督・脚本を手がけ、かつて親友同士だった2人の男子高校生がハロウィンの夜に体験する不思議な出来事を描いた青春ダークファンタジー。高校生のコーリーは、不良仲間たちとつるんで同級生のジョナをイジメて鬱憤を晴らすことに加わっていた。そんなコーリーとジョナは子どもの頃はいつも一緒に遊んでいたのだが、ある出来事をきっかけに距離が離れて疎遠になったのだった。ハロウィンの夜、相変わらずジョナをいじめる仲間たちにうんざりしたコーリーが思わずジョナを気持ちのままに助けると、ジョナはコーリーを闇夜の中へ連れて行く。そこには、夢とも現実ともつかない普通では考えられない奇妙な世界が待ち受けていた。

★【スタッフ】
監督:ニコラス・バーソ
脚本:ニコラス・バーソ
撮影:マーデン・ディーン

★【キャスト】
トビー・ウォレス、ガリバー・マクグラス、ミッチ・リュールマン、トム・ラッセル、エズラ・バリー、ウィンタ・マグラス

【無料動画】

Boys in the Trees Official Trailer (2016)

Boys in the Trees Official Trailer (2016)


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2017年8月10日) 
ハロウィンを題材にした怖気づく様相と蔑みに対し闘う青年期の成長をホラータッチに描いたヒューマン・ドラマ・ファンタジーな異妙作。BGMがロックで映像もPVのようにかっこよく、スケボーや写真が趣味の主人公、ハロウィンの夜など、スタイリッシュな構成で、映画として考えるべきなのか迷う。友情を素直に描くという意味では、とても入りやすい導入ラインを持っているので、特段気をつかうことなく見られる映画とも考えられるのではないか。
SPACEMOV (2017年8月11日) 
カメラ、スケボー、bmx、クールでオシャレで「友情こそが俺たちのス・ベ・テ」みたいな、若者語りが詰まった一作で、まるで某バンドグループのMVみたいな雰囲気でした。B級ホラーではないのですが、逆にジャンルを聞かれると困るほど、分類に悩む謎のカテゴライズな映画でした。オチは最初から分かるけどそれ以上に考え深くて素敵なビジュアル・ムービーだと思います。別にハロウィンである必要性はないのですが、ノリの問題なのでしょうか。
DAILYMOTION (2017年8月12日) 
10代~20代向けの映画として製作したのではないかと思うほど、フレッシュな作品でした。ホラーやゾンビバトル、学校の七不思議的な要素は皆無に近いです。ファンタジーというか、ファンタジックなプロモーションビデオです。青少年のモヤモヤを描くという意味ではこういうのもありなのかな。ダークファンタジー的な映像で青春を綴るのが好きな人向けですね。オーストラリア映画らしいでしけど、出演している人は有名な人なのか、気になります。