バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍

バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍

女性だけの秘密部隊が戦場に立ち向かう

第1次世界大戦時、ロシアの最終兵器として対ドイツ戦の最前線に送り込まれた女性部隊の実話を基に描き、ロシアのアカデミー賞といわれるゴールデン・イーグル賞で4部門を受賞した戦争ドラマ。1917年、ドイツ軍の毒ガス攻撃や塹壕戦によって壊滅の危機に追い込まれたロシア軍は、最後の手段として女性だけの秘密部隊を結成する。集まったのは、貴族や学生、労働者など様々な身分の女性たちだった。当然、戦争とは直接縁のない者たちばかり。トレーニングなどもしたことはなく、全ては初体験だった。それでも壮絶な訓練を耐え抜いて、なんとか兵士として育っていく。そして、最前線へと送られた彼女たちは、激化していく戦いの中で勇猛果敢にドイツ軍に立ち向かうが…。

原題:Batalon / 製作:ロシア(2015年) / 日本公開日:2017年7月18日 / 上映時間:123分 / 製作会社: / 配給:アットエンタテインメント

【無料動画】

「バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍」7/18公開 劇場予告

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket

▼無料動画を見る方法▼

知られざる戦争の逸話を描いた作品は思わぬ史実の一片を知ることができてとても面白いものです。そんな作品がたくさん揃っているのが動画配信サービスです。AndroidやiPhoneなどのスマホで見れば外出先で視聴できますし、パソコンで見ればひとりで作業をしながら鑑賞もできます。また、テレビを用いれば、迫力のある大画面で映像を堪能できます。自分に合った視聴スタイルをその時々で選べるのもこのサービスの便利です。

しかも、利用者が最も喜ぶキャンペーンとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

不正な動画サイトは法的にも有用性の観点からも推奨しません。あまりにも再生が頻繁に停止してイライラしたことはありませんか。動画を見ようと思ったらわけのわからない広告が表示されて不快に思ったことはありませんか。あげくに全然関係のない外国語のページに飛ばされたりしませんでしたか。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。

今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴もできるならさっそく試してみたいと行動に出たいところです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ドミトリー・メスヒエフ
脚本:イリア・アブラメンコ、エフゲニー・アイジコビッチ、ドミトリー・メスヒエフ、イーゴリ・ウゴルニコフ
撮影:イリア・アベルバク
音楽:ユーリ・ポテイェンコ

★【キャスト】
マリア・アロノバ、マリア・コジェーブニコワ

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.6/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.4/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●映画FUN
現代ならまだしも当時で女性だけの軍なんて、想像するだけで辛い事だと思う。しかし、意外にロシアというのは戦争に女性を雇用していたことで有名です。一般的な国では、戦争に女性を送るといえば看護師か、性的な理由です。それでもロシアはしっかり男性と同等の兵士として扱っていたのです。複雑な気持ちではありますが、平等であるという意味では良い事なのかもしれません。しかし、戦争はやはり戦争。待っているのは過酷な戦場でした。
●DAILYMOTION 
史実では「決死隊」は1917年6月に前線に投入されて、火花を散らしながら、170名中100名の死傷者をだしながらも、崩壊した戦線の一部を立て直している。ほぼ映画と同じと考えて良いだろう。映画でも少しづつ減っていくバタリオンの死が丹念に描かれ、各シーン毎に女性たちが国土防衛の大切さを説きながら戦うというベタな展開が並ぶ。今のロシア人にもグッとくるセリフにさぞ国内では感動を呼んだのだろう。日本であれば冷静になりますが。
●STREAMANGO 
バタリオンとは実在したロシアの婦人部隊のこと。別のと勘違いしないように。いきなり激しい戦地に送り込まれた「バタリオン」が屈強な恐ろしいドイツ軍相手に負けじと一歩も引かず、逆に一時的にでも戦局をこちらに引き寄せるくらいのとてつもない活躍をしますので、「実話」という文字が頭をチラつきながら「ほんとに~?」と疑問を持ちつつも、やっぱり現実を突きつけられる戦争映画は悲しいねといつものボンヤリな終着点でした。