リメンバー・ミー

リメンバー・ミー

その歌で、大切なものを思い出そう

ピクサーが制作する、1年に1度だけ他界した家族に会えるという“死者の日”を題材にしたアドベンチャー。音楽を禁じられた少年ミゲルと、テーマパークのような“死者の国”に住むスケルトンのヘクターが繰り広げる冒険、そして音楽が巻き起こす物語を描く。メキシコに住む12歳の少年ミゲル・リヴェラ。彼が生まれ育ったリヴェラ家には、先祖が音楽家としての夢を追いかけ家族を捨てた過去があることから「音楽禁止」という掟があり、代々靴屋を営んできた家庭だった。しかしミゲルは、亡きミュージシャンエルネスト・デ・ラ・クルスに憧れ、彼のグッズを飾った部屋で家族に見つからぬよう彼を真似てギターを弾いていた。1年に1度だけ他界した家族に会えるという死者の日、当日、デラクルスの霊廟を訪れて遺品のギターを演奏したミゲルは骸骨達が住む死者の国に迷い込み、そこで詐欺師のヘクターと出会う。

原題:Coco / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開日:2018年3月16日 / 上映時間:109分 / 製作会社:Pixar Animation Studios / 配給:ディズニー

【無料動画】

映画『リメンバー・ミー』日本版予告編

(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT×】
VOD4【Hulu×】
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket×】
VOD7【dTV×】
VOD8【au-Video×】


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket

▼無料動画を見る方法▼

ディズニー・ピクサー作品の素晴らしさは語るまでもありませんが、たくさんの名作たちは何度でも見返したくなるような魅力に溢れています。そんな映画を観たいときは、動画配信サービスを使ってお得に見るのもいいでしょう。DVDやブルーレイを購入するのは高すぎるし、借りるのもめんどくさい。そういう場合はネット配信がオススメです。すぐに見たいときに見れるほか、視聴媒体を選ばないので、スマホでもタブレットでもテレビでもOKです。

しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように無料お試しキャンペーンにトライできます。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「リメンバー・ミー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。他の類似サイトと違って、フリムビ2では情報は適度に更新されていき、最新情報を得やすいのが特徴です。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『リメンバー・ミー』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:リー・アンクリッチ(関連作品:『トイ・ストーリー3』)
脚本:エイドリアン・モリーナ、マシュー・オルドリッチ
音楽:マイケル・ジアッキノ

★【キャスト】
アンソニー・ゴンサレス、ガエル・ガルシア・ベルナル、ベンジャミン・ブラット、アランナ・ウバック、レニー・ビクター、ジェイミー・カミル、アルフォンソ・アラウ、ガブリエル・イグレシアス、アナ・オフェリア・ムルギア、ナタリア・コルドバ=バックリー、エドワード・ジェームズ・オルモス、ロンバルド・ボイアー、ダイアナ・オルテッリ、ブランカ・アラセリ、チーチ・マリン、ルイス・バルデス、ジョン・ラッツェンバーガー

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
8.8/1097%81
映画.comYahoo! 映画Filmarks
4.2/5.04.26/5.004.2/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●映画の無料動画で夢心地
日本とは違ったメキシコの死についての捉え方や価値観が作品の独自性に華を添えている。死者の世界が舞台というのはありきたりな気もするが、そうしたバックグラウンドがあるので問題にならないどころか、他の作品とは全く違う印象で楽しめるので安心してほしい。また、ストーリーに音楽がキーワードになっているだけあって、作品内の音楽演出が素晴らしく、メキシカンミュージックとでも言うのか味わいのある音の旋律が耳を弾ませてくれる。
●映画フリー
飽きない展開とメキシコの雰囲気が良かった。映像というか世界観がきれいすぎてため息がもれた。お話はピクサーやディズニー作品でこんなに泣いたのは初めてというくらい号泣できる感動大作でした。、誰もが考えたことがあり、多くの作品でも描かれる「死後」の世界観が素晴らしい。死者の弔いについて深く考えさせられました。「その人のことを覚えている人がいる限り、人は誰かの心で生き続ける」というシンプルなテーマが心に強く刻まれる。
ピクサー

★【ピクサー制作アニメ映画 を総復習!】

  • 第1作『トイ・ストーリー』(1995年)
  • 第2作『バグズ・ライフ』(1998年)
  • 第3作『トイ・ストーリー2』(1999年)
  • 第4作『モンスターズ・インク』(2001年)
  • 第5作『ファインディング・ニモ』(2003年)
  • 第6作『Mr.インクレディブル』(2004年)
  • 第7作『カーズ』(2006年)
  • 第8作『レミーのおいしいレストラン』(2007年)
  • 第9作『ウォーリー』(2008年)
  • 第10作『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009年)
  • 第11作『トイ・ストーリー3』(2010年)
  • 第12作『カーズ2』(2011年)
  • 第13作『メリダとおそろしの森』(2012年)
  • 第14作『モンスターズ・ユニバーシティ』(2013年)
  • 第15作『インサイド・ヘッド』(2015年)
  • 第16作『アーロと少年』(2015年)
  • 第17作『ファインディング・ドリー』(2016年)
  • 第18作『カーズ クロスロード』(2017年)
  • 第19作『リメンバー・ミー』(2017年)
  • 第20作『インクレディブル・ファミリー』(2018年)

サイトについて

シェアする

フォローする