劇場版 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い

劇場版 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い

「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」の劇場版

TYPE-MOONによるPCゲーム「Fate/stay night」に端を発する人気作「Fate」シリーズの一作で、「Fate/stay night」に登場したキャラクターのイリヤスフィール・フォン・アインツベルンをメインヒロインに据えて描いたテレビアニメ「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」の劇場版。テレビシリーズ第4期「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!」の最終回で、真の敵であるジュリアン・エインズワースを退けたイリヤたちのその後が描かれる。エインズワースとの戦いで助けた青年で、イリヤの親友・美遊の兄を自称する衛宮士郎の口から、美遊とエインズワース家の因縁が明らかになる。

原題:劇場版 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年8月26日 / 上映時間: / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

「劇場版Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い」PV第2弾

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼無料動画を見る方法▼

大人気シリーズの劇場版はここでしかお目にかかれない豪華な映像と超重要なストーリーのオンパレードであり、要注目の一作です。そんな作品をなるべくお得に見たいのならば、動画配信サービスがオススメです。家にテレビがない人でも問題ありません。ネット配信なので、AndroidやiPhoneなどのスマホでも視聴可能。ダウンロード機能があるサービスであれば、通信制限を気にすることなく、外出先でも鑑賞できるので安心できます。

しかも、無料お試しキャンペーンというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「劇場版 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。未体験のVODがピックアップされているときはラッキーです。無料動画というかたちで視聴するベストタイミングが来たといえます。

『劇場版 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:大沼心
脚本:井上堅二、水瀬葉月
音楽:加藤達也、TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND

★【キャスト(キャラクター)】
杉山紀彰(衛宮士郎)、名塚佳織(朔月美遊)、門脇舞以(イリヤスフィール・フォン・アインツベルン)、花江夏樹(一義樹里庵)、下屋則子(間桐桜)、小山力也(衛宮切嗣)

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.8/5.04.20/5.003.8/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター
本作を100%楽しむためには、Fateシリーズをある程度知っている必要があり、全く知らない人にとっては、どうしたって説明不足な作品だと思います。だが、Fateがどういう文脈の物語かを知っている人なら、相当に満足度が高い作品ではないか。個を切り捨て全を救うことに囚われ続けてきた衛宮の父子が、正義を成すとはどういうことかを苦悩し続けた士郎が、こう決断する。正義を取らず、全を救うモノと敵対する。たった一人の妹のために。
●映画フリー
シリーズファン必見。これが始まりであり、希望。この展開にどれだけの感動が詰まっているか。Fateシリーズを深く知れば知るほど、その決断が信じられないほど価値があることを実感するでしょう。最後に序章が終わり、これからプリズマイリヤに繋がっていくところで「kaleidoscope」が流れ出し、曲の後奏で1期オープニングの「starlog」の前奏に繋がった瞬間に涙しました。こんなに作品を大事にする人に愛されてほんと幸せですね。
●CRUNCHYROLL 
物語はプリズマイリヤの前日譚です。ただ前日譚とは言っても、恐らくドライのラストシーン、士郎の語りから繋がるお話になるため、アニメ(原作)の視聴は必須、出来れば本筋のFateシリーズも見ておくと吉かも知れません。皆さんの語る通りプリズマエミヤだと思います。しかし最後プリヤ1期に繋がっていくところで私には全てがプリズマイリヤに映りました。主題歌のCDを観るまで買わずに我慢したのは正解でした。