プライベート・ライアン

プライベート・ライアン

スティーブン・スピルバーグが生み出した、戦争映画の名作

スティーブン・スピルバーグ監督が手がけた、第2次世界大戦を題材に過酷な戦地での男たちの友情と生き様を描いた戦争映画。1944年。第2次世界大戦の真っ只中、米英連合軍はフランス・ノルマンディのオマハビーチでドイツ軍の未曾有の銃撃を受け、多くの歩兵が命を落としていった。戦禍を切り抜けたミラー大尉に、軍の最高首脳から「3人の兄を戦争で失った末っ子のジェームズ・ライアン2等兵を探し出し、故郷の母親の元へ帰国させよ」という命令が下った。ミラーは古参軍曹のホーヴァス、2等兵のレイベン、カパーゾ、メリッシュ、名狙撃手ジャクソン、衛生兵のウェード、ドイツ語が話せる実践経験ゼロのアパムを選び、落下傘の誤降下で行方の知れないライアンを敵地の前線へと探しに向かう。

原題:Saving Private Ryan / 製作:アメリカ(1998年) / 日本公開日:1998年9月26日 / 上映時間:170分 / 製作会社:Amblin Entertainment / 配給:UIP / 製作費:7000万ドル / 興行収入:4億8100万ドル

【無料動画】

Saving Private Ryan – Trailer

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼無料動画を見る方法▼

歴史に刻まれた凄惨な過去である戦争を描く大作は見るのに勇気がいりますが、それだけの価値がある有意義な映画ばかりです。そんな作品を観たいときは、動画配信サービスを使ってお得に見ることができます。とくにネット配信はスマホなど小さな画面でしか見れないと思っているかもしれませんが、そんなことはなく、テレビを使って大画面で鑑賞することも可能です。迫力のある映像を思う存分満喫しましょう。もちろんそれ以外のツールでも見れます。

しかも、利用者にはハッピーなことに、無料お試しキャンペーンというお得なメリットがあります。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。

不正な動画サイトは法的にも有用性の観点からも推奨しません。最近ではサイトを利用している間に不正なプログラムを裏で作動させ、ユーザーのパソコンやスマホに負荷をかけるものも確認されています。また、大音量で広告を流すなど、とにかく迷惑しかないサイトも多く、不快な思いをするかもしれません。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。「プライベート・ライアン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。全ての紹介文を単一のものにして大量に質の低い情報を流すようなことはせず、フリムビ2では質の高い情報を掲載しています。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

『プライベート・ライアン』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:スティーブン・スピルバーグ
脚本:ロバート・ロダット
撮影:ヤヌス・カミンスキー
音楽:ジョン・ウィリアムズ

★【キャスト】
トム・ハンクス、トム・サイズモア、エドワード・バーンズ、バリー・ペッパー、アダム・ゴールドバーグ、ヴィン・ディーゼル、ジョバンニ・リビシ、ジェレミー・デイヴィス、テッド・ダンソン、デニス・ファリナ、ポール・ジアマッティ、デイル・ダイ、マット・デイモン、ハリソン・ヤング、シェーン・ジョンソン、リーランド・オーサー、マックス・マーティーニ、ネイサン・フィリオン、ディラン・ブルーノ

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
8.6/1093%90
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.9/5.04.18/5.003.9/5.0
フリムビ2独自ランキング
S(必見の傑作)

★【感想・批評】

●映画フリー  
思わず顔を背けたくなるような生々しくえがかれた戦場の凄惨さ。戦争映画の決定版と言われるだけのことはある。この映画が凄いのはとくにアメリカ万歳な要素もなく、ひたすらにまずその残酷性を観客に見せつけて冒頭で感覚をマヒさせてしまうことだ。そこから兵士たちの戦いの目的よりも、その過程に焦点を置く。戦いの歴史、その歴史で犠牲になった多くの人々への敬意が凝縮されている作品として、これほど心を打たれたものはない。
●DAILYMOTION 
冒頭の30分で観るのをやめようかと思ったほどの強烈なインパクト。この作品を観ずして戦争映画は語れない。さっきまで隣で喋ってたやつが死んでいるという恐怖はまさに戦場経験者にしかわからないことだと思う。戦争は国のために行うとか、いろいろ大義名分はあるだろうが、実際の兵士たちはそれどころじゃない。この一瞬を1秒でも生き抜くことに必死。それが戦争なんだと観客に突きつける、凄まじい戦争映画なのは間違いない。
スピルバーグ

★【スティーヴン・スピルバーグ監督作 を総復習!】

  • 『激突!』(1971年)
  • 『続・激突! カージャック』(1974年)
  • 『ジョーズ』(1975年)
  • 『未知との遭遇』(1977年)
  • 『1941』(1979年)
  • 『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(1981年)
  • 『E.T.』(1982年)
  • 『トワイライトゾーン 超次元の体験』(1983年)
  • 『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』(1984年)
  • 『カラー・パープル』(1985年)
  • 『太陽の帝国』(1987年)
  • 『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦』(1989年)
  • 『オールウェイズ』(1989年)
  • 『フック』(1991年)
  • 『ジュラシック・パーク』(1993年)
  • 『シンドラーのリスト』(1993年)
  • 『ロスト・ワールド ジュラシック・パーク』(1997年)
  • 『アミスタッド』(1997年)
  • 『プライベート・ライアン』(1998年)
  • 『A.I.』(2001年)
  • 『マイノリティ・リポート』(2002年)
  • 『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』(2002年)
  • 『ターミナル』(2004年)
  • 『宇宙戦争』(2005年)
  • 『ミュンヘン』(2005年)
  • 『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』(2008年)
  • 『タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密』(2011年)
  • 『戦火の馬』(2011年)
  • 『リンカーン』(2012年)
  • 『ブリッジ・オブ・スパイ』(2015年)
  • 『BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』(2016年)
  • 『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』(2017年)
  • 『レディ・プレイヤー1』(2018年)

サイトについて

シェアする

フォローする