マトリックス(1作目)

マトリックス

シリーズ第1弾。誰もがマネした驚異の映像

キアヌ・リーブス主演で、仮想現実空間を舞台に人類とコンピュータの戦いを描いて、公開当時は大きな話題となったSFアクション。プログラマとしてソフト会社に勤務するトーマス・アンダーソンは、ネオという名で知られた凄腕ハッカーでもあった。ある日、ネオはトリニティと名乗る美女から接触を受け、ネオを探していたという男、モーフィアスと会う。モーフィアスは、人類が現実だと思っている世界が実はコンピュータにより作り出された「マトリックス」と呼ばれる仮想世界であり、本当の現実世界でネオをはじめとした人間たちはコンピュータに支配され、眠らされているという驚愕の真実を知る。モーフィアスの誘いに乗り、本当の現実世界で目を覚ましたネオは、ネオこそが世界を救う救世主だと信じるモーフィアスやトリニティとともに、コンピュータが支配する世界から人類を救うため戦いに乗り出すが…。

原題:The Matrix / 製作:アメリカ(1999年) / 日本公開日:1999年9月11日 / 上映時間:136分 / 製作会社:Village Roadshow Pictures / 配給:ワーナー・ブラザース / 製作費:6300万ドル / 興行収入:4億6300万ドル / 次作:『マトリックス リローデッド

【無料動画】


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼無料動画を見る方法▼

誰もが観たことのある名シーンの元ネタになっている映画は有名ですが、でも観たことのない人も一定数いると思います。そんなときは動画配信サービスを使ってお得に見てみるのはどうでしょうか。通勤通学の途中で見たいのならスマホで、家でひとりで作業をしながら観たいならパソコンで、大画面で迫力のある映像と共に見たいならテレビで、自由に選択することができます。この自由自在な視聴スタイルもこのサービスの大きな特徴です。

しかも、利用者が最も喜ぶキャンペーンとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。具体的な危険性としては、極端に悪意のあるかたちで表示される悪質な広告、頻繁に再生が停止したり低画質な動画が映る劣悪な動画提供、さらには個人情報を盗んだり再生機器に負荷をかけるようなユーザーへの直接的な攻撃が考えられます。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「マトリックス」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。レコメンドされているものの中に、これまで使ったことのないサービスが見つかれば、無料視聴はすぐそこ。映画ライフをお楽しみください。

『マトリックス』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:アンディ・ウォシャウスキー、ラリー・ウォシャウスキー
脚本:アンディ・ウォシャウスキー、ラリー・ウォシャウスキー
撮影:ビル・ポープ
音楽:ドン・デイビス

★【キャスト】
キアヌ・リーブス、ローレンス・フィッシュバーン、キャリー=アン・モス、ヒューゴ・ウィービング、グロリア・フォスター、ジョー・パントリアーノ、マーカス・チョン、ジュリアン・アラハンガ、マット・ドーラン、ベリンダ・マクローリー、アンソニー・レイ・パーカー、ポール・ゴダード、ロバート・テイラー

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
8.7/1087%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.8/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】

●映画FUN  
あの弾丸避けのポーズは流行りましたね。実際の映画ではそれでもよけきれていないのですけど。この映像にこのストーリーが、約20年前に作られた映画とは思えないほど斬新で、そのフレッシュさは今も衰えていないと思う。これだけの世界にまだ現代が追い付いていないというのも良い事なのか悪い事なのか。続編も作られましたが、結局は1作目のインパクトを超えることはできませんね。映画史に残る伝説のSFアクションですので観ていない人はぜひ。
●SPACEMOV  
スローモーション、薬莢の落ち方、水しぶき、銃の撃ち方。その全てがカッコいいシーンにするためだけに特化している。これぞ中二病ではないか。2000年代始めでここまでのストーリーを作り上げる監督たちも凄いが、この作品に影響を与えた日本のサブカルはもっと凄い。公開時はちょうどインターネットも一般に大きく普及し始めた時代で、いわゆるデジタルの世界というのが現実味を帯びてきた時期。だからこそ世界が熱中したというのもあります。