魔法少女リリカルなのは Reflection

魔法少女リリカルなのは Reflection

劇場アニメ版第3作にして2部作の前編

2004年にテレビシリーズ第1作が放送されて以来、根強い人気を誇る「魔法少女リリカルなのは」の5年ぶりとなる劇場版第3作で、前後編で展開される2部作の前編。死にゆく惑星エルトリアの再生を夢見るフローリアン一家の父グランツが倒れ、娘のキリエは、父の救済と惑星再生の希望を求め、遥か彼方の「地球」と呼ばれる星の、小さな島国・日本にそこに暮らす3人の少女・高町なのは、フェイト・T・ハラオウン、八神はやてのもとへ向かう。その出会いが、やがて2つの世界と惑星の命運をかけた戦いへと発展していく。

原題:魔法少女リリカルなのは Reflection / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年7月22日 / 上映時間:106分 / 製作会社: / 配給:松竹

【無料動画】

「魔法少女リリカルなのは Reflection」本予告第二弾

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼無料動画を見る方法▼

人気を集めておりシリーズとしてファンもしっかり確立しているアニメ作品は魅力があることの証拠。そんな作品をたっぷり楽しみたいなら、動画配信サービスを効果的に利用しましょう。このサービスは、テレビアニメもたくさん揃っており、それだけで充実したアニメ三昧をおくれますが、それ以外にも便利な機能がたくさんです。ダウンロードによって通信制限を気にすることなく、外出先で視聴もできるので、WiFiがなくても安心できます。

しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように無料お試しキャンペーンにトライできます。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「魔法少女リリカルなのは Reflection」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

『魔法少女リリカルなのは Reflection』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:浜名孝行
脚本:都築真紀
キャラクターデザイン:橋立佳奈
音楽:中條美沙

★【キャスト(キャラクター)】
田村ゆかり(高町なのは/シュテル)、水樹奈々(フェイト・T・ハラオウン/レヴィ)、植田佳奈(八神はやて/ディアーチェ)、戸松遥(アミティエ・フローリアン)、佐藤聡美(キリエ・フローリアン)、日笠陽子(イリス)、清水香里(シグナム)、真田アサミ(ヴィータ)、柚木涼香(シャマル)、一条和矢(ザフィーラ)、ゆかな(リインフォースII)、釘宮理恵(アリサ・バニングス)、清水愛(月村すずか)、久川綾(リンディ・ハラオウン)

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.03.99/5.003.7/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター
TV放送をリアルタイムで視聴して、数年の間隔を経て、また出会うことになったこの「なのは」シリーズ。懐かしい気持ちになったのはもちろん、やはり色あせない魅力と名作の底力を見せつけられました。とにかく戦闘シーンが多く、息つく暇がほとんどないくらいの勢いです。出演キャラクターが多いにもかかわらず、それぞれのキャラクターの見せ場がしっかりとあって劇場版らしい見ごたえが抜群。前作から2年で成長したなのは達は最高です。
●BILIBILI 
そこらへんの総集編しか公開しないアニメ作品とはわけが違いますよ。これが劇場版だと言わんばかりのボリュームと作画力。格の違いを見せつけましたね。過去作への郷愁と新作要素の調和も絶妙なバランス。お馴染みの三人組の絡みはもちろんなのヴィや母世代のやりとりも描かれ、加えて本編全体のうち、かなりの部分が戦闘であり、そのクオリティも非常に高い…とファンが求めているものを的確に捉えているのは、さすがで言うことなしです。
●CRUNCHYROLL 
本作は過去作までの登場人物の相関関係が分かってないと話についていけないので、少なくとも劇場版全二作を観て、ハマったら視聴してください。バトル系魔法少女アニメの名作『魔法少女リリカルなのは』は見る価値のある歴史に残るシリーズですから。後発のまどマギから可愛い絵柄で暗いお話を展開する変化球が多いが、こちらは美少女の身なりではあるが正統派少年もの。ドラゴンボール風の真っ向殴り合い&撃ち合いを魅せるのがアツい!