獣道

これが地方のリアルなんだよ

地方都市で周囲の大人たちに翻弄されながら生きる場所を探す若い男女の姿を、実話をベースに描いたブラックコメディ。とある地方都市で生まれた愛衣は、信仰ジャンキーの母親によって宗教施設に入れられ、7年間世間から隔離された生活を送っていた。教団が警察に摘発されたことにより、保護された愛衣は中学に通い始めるが、そこに彼女の居場所はなく、ドロップアウトした愛衣は、万引きと生活保護で生きるヤンキー一家や、サラリーマン家庭などを転々としながら、自分の居場所を探していた。愛衣に恋をし、愛衣の唯一の理解者である不良少年の亮太もまた自分の居場所を求めていたが、やがて半グレたちの世界に居場所を見つけ、愛衣は風俗の世界に身を落とす。

原題:獣道 / 製作:日本・イギリス(2017年) / 日本公開日:2017年7月15日 / 上映時間:94分 / 製作会社: / 配給:サードウィンドウフィルムズ

★【スタッフ】
監督:内田英治(関連作品:『身体を売ったらサヨウナラ』)
脚本:内田英治
撮影:伊藤麻樹
音楽:小野川浩幸

★【キャスト】
伊藤沙莉、須賀健太、アントニー、吉村界人、韓英恵、冨手麻妙、松本花奈、川上奈々美、毎熊克也

【無料動画】

映画『獣道』予告

映画『獣道』予告


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2017年8月1日) 
最悪の環境からスタートしたヒロイン「愛」への「亮太」の初恋物語です。しかし、このヒロイン。最悪の環境から抜け出そうともがくのですが性格に癖がありすぎるし、「亮太」も彼女のために「半グレ」に身を置くぐらいの行動力が有るのに、告白もできないなど感情移入しずらいところがありますが、繰り返される悲喜劇はスピード感があり、引き込まれる力があります。中盤に「半グレ」アンソニーの恋愛がありますがこれが良い。出会い、再会、恋愛が丁寧に描かれていて素直に感情移入できました。特に最後のシーンでは、救われる思いになりました。「愛」と「亮太」のストーリーとこのエピソードがあることで物語が成立しているように思います。カラッとした快活な愛の話として一見の価値ありでしょう。
名無しさん(2017年8月3日) 
絶望と希望が入り混じり、鑑賞者を惹きつけて離さない展開にハラハラさせられ、ここで終わってくれというと思いと、まだ終わらないでほしいという思いが、矛盾しながらも湧き起こる。他の映画は面白い、面白く無いだけの縛りを持っている気がするが内田監督の作品、作風はそれに縛られていない事がまず素晴らしい!宗教色を折り込むのはちょっとやり過ぎじゃないかと思ったけれど、原案兼キャストの方の体験を元にしていると知ってびっくり。ヤンキーのセリフとかリアクションとか生態とか人間関係とか、あるある過ぎて笑えるし、面白可笑しさだけではなく寂しさや哀しさみたいなものや救われなさとその後、と展開もなかなか良かった。