それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!

それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!

劇場版「アンパンマン」シリーズの29作目

国民的アニメ「それいけ!アンパンマン」の劇場版29作目。原作者やなせたかしが残した名作絵本「やさしいライオン」の主人公をモデルとしたライオンの男の子のキャラクター、ブルブルが登場し、アンパンマンたちと一緒に冒険を繰り広げる。宝探し一族のライオンの男の子ブルブルは、一人前になるため、お父さんから渡された宝の地図を手に旅に出る。強がっているが本当はとても怖がりなブルブルを助けることになったアンパンマンたちだったが、そこへ宝を横取りしようと企むばいきんまんたちも現れる。

原題:それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険! / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年7月1日 / 上映時間:62分 / 製作会社: / 配給:東京テアトル

【無料動画】

映画『それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!』予告編

©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV ©やなせたかし/アンパンマン製作委員会2017


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼無料動画を見る方法▼

子どもたちに大人気で昔から愛されている作品は、大人になって振り返ってみるとまた印象が違って面白いものです。そんな作品を観たいときは、人気も増している動画配信サービスを上手く用いましょう。ネット配信のこのサービスはシリーズものに強く、基本的に劇場作品シリーズは一挙に配信されるケースが多いです。これで一気に見ればしばらくの間は時間を持て余すことはありません。スマホでも鑑賞できるので臨機応変に視聴できます。

しかも、無料お試しキャンペーンというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴もできるならさっそく試してみたいと行動に出たいところです。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。「それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

『それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:矢野博之
脚本:米村正二
音楽:いずみたく、近藤浩章

★【キャスト(キャラクター)】
戸田恵子(アンパンマン)、中尾隆聖(ばいきんまん)、増岡弘(ジャムおじさん)、佐久間レイ(バタコさん)、山寺宏一(めいけんチーズ)、鶴ひろみ(ドキンちゃん)、矢尾一樹(ホラーマン)、柳沢三千代(カレーパンマン)、島本須美(しょくぱんまん)、かないみか(メロンパンナ)、長沢美樹(クリームパンダ)、多部未華子、天野ひろゆき、ウド鈴木

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.3/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●映画フリー 
「なんのために生まれて なにをして生きるのかこたえられないなんて そんなのはいやだ!」でおなじみの深い哲学を投げかけてくるアンパンマンソングを聞きながらの映画鑑賞。まさかこの歌詞がここまで深い意味なんて、夢中になって目を輝かせている子どもたちは後になって気づくのでしょうね。アンパンマンはいつの時代も子供たちのヒーローですが、今作では踊りや歌など、さながらライブコンサートのようなスタイル。こういうのもいいですね。
●BILIBILI 
安定してみることができるのは流石のアンパンマン。おそらく長年続いている数多くの劇場TVアニメのなかでも、突出して大きな変化のない作品だと思います。ただ今回はタイトルを「カレーパンマン」に変更してもいいのではというくらいの大活躍でした。もっとこのキャラのことを褒めてあげてもいいと思うのだけど。アンパンマンについては、今後10年、50年、100年たっても続いてほしい国民的アニメです。映画版も頑張ってほしいものです。
●CRUNCHYROLL  
映画館でもワイワイ応援しながら見れるのがアンパンマンの良いところ。家で観るにしてもみんなで賑やかに見る方がいいです。スーパーヒーローは誰もいないけど、気持ち次第でヒーローにはなれるという精神がアンパンマンの良さであり、そして一番の素晴らしさは助け合い。犠牲をいとわない姿勢です。なんでこんな素晴らしいアニメを日本人は子どもの頃に観ているのに、大人になったら犠牲どころか、他人を利用する奴になってしまうのでしょうか…。