ガーディアンズ

ガーディアンズ

ロシアのヒーローが集結! アクション大作

ロシアが国内映画史上でも巨額の資金を投入してアメコミ風の大作に挑んだSFアクション・アドベンチャー。冷戦下、ソ連は特殊能力チーム「パトリオット」を組織して、長い間身を隠していたが、裏切った科学者クラトフの出現により、新たなる危機を迎えて再び立ち上がる。旧ソ連時代に遺伝子の改造手術を受けて手に入れた様々な特殊能力を駆使して、ヒーロー達が「ガーディアンズ」を結成、強敵を相手に活躍していく。

原題:The Guardians(Zashchitniki) / 製作:ロシア(2017年) / 日本公開日:2018年1月20日 / 上映時間:88分 / 製作会社: / 配給:ギャガ・プラス

【無料動画】

ロシア発のヒーローアクション!映画『ガーディアンズ』予告編

(C)2017, Enjoy Movies LLC


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼無料動画を見る方法▼

ド派手なアクション大作はアメリカだけの専売特許ではなく、他の国も負けていません。そんなグローバルな大作を観たいときは、動画配信サービスを使うとお得に見れます。ネット配信は画質が低いという先入観があるかもしれませんが、これらのサービスはそんなことはありません。ハイクオリティでDVDと遜色ない映像を楽しめます。テレビで視聴すれば、大画面で迫力のある映像をたっぷり満喫できるのでオススメです。

しかも、利用者にはハッピーなことに、無料お試しキャンペーンというお得なメリットがあります。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「ガーディアンズ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『ガーディアンズ』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:サリク・アンドレアシアン
脚本:アンドレイ・ガブリロフ
撮影:マキシム・オサトチー

★【キャスト(キャラクター)】
アントン・パンプシニ(アルスス)、サンザール・マディエフ(ハン)、セバスチャン・シサク(レア)、アリーナ・ラニナ(クセニア)、スタニスラフ・シリン(アウグスト・クラトフ)、バレリア・シュキランド(エレーナ・ラーリナ)

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
3.9/1022%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
2.5/5.02.93/5.002.6/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●映画フリー 
一目で分かる悪そうな敵、圧倒的な軍事力を誇示する政府、美男美女を揃えた組織…これぞロシアというようなコテコテのアピールがいっそ美しい。昨今のアメコミの精錬された優秀なシナリオとはあえて真逆を突っ走るようなノリはむしろ新しささえ感じるほど。B級ヒーローアクション映画としてこれ以上のものがあるのかというくらいのド直球で、ガトリング背負ったリアル熊などビジュアルで驚かせる一発ネタ感も個人的には大好きになる。
●OPENLOAD
キャッチフレーズ通り、マーベル作品を意識した作りになっているのは自明として、ヒーロー物としてはかなり大胆で雑な作り。ヒーローになるまでの過去や成り立ち、抱えている苦悩といった要素は思いっきりざっくりカットしている。アメコミではありえないセンスだ。恐ろしいほど都合よく集まる仲間もびっくりだが、まさかの展開で勝っちゃうのが驚愕。これについてはぜひその目で目撃してほしい。衝撃を受けることは絶対に保証するので。
●DAILYMOTION 
ロシアのヒーローという物珍しさで観ましたが、その興味本位の目線は合っていたと思います。ニンジャっぽい瞬間移動は正直今まで見てきたヒーローの中でも1位にしてもいいぐらいカッコいいし、クマのあのアイディアは思いもよらなかったです。インビシブルウーマンっぽいサーカス女子については役に立っていたのかイマイチ不明だったが、たぶん美人枠なのだろうね。岩を纏うおっさんはもっと大技を見せてほしいなと思ったら、ええぇぇぇ!